洋画 領域

洋画 領域

洋画領域は、本学の学群または他大学で受けた専門教育の上に、専門性の高い研究を重ね、我が国の文化・芸術・教育の発展に寄与する優れた人材を輩出することを目的とする。

感性を高め、高い創造性を持った表現力を養い、洋画家として、その表現の確立に至るためのプログラムを組んでいる。

主な専門科目

「洋画技法論特講」においては、技法の本質について洋画の技法分野から考察し、専門家としての表現と技法にアプローチする糸口を与えていく。「西洋美術技法演習」においては上記「洋画技法論特講」に基づいた技法の演習を行う。「洋画制作A,B,C,D 」では創作活動の基本を裸婦モデルや静物などのモチーフを用いた制作を通して体得する。ここでは学生の主体的創作意欲を重視しつつ、その創作が単なる情報の総合となって、結果的に模倣に陥るという危険を避けるためモデルやモチーフを置いている。「洋画特別制作A,B,C,D 」は、画家として自己の表現を確立するため、画家である教員の客観的視点から指導を受けながら学生の主体的創作活動を深める科目となっている。

修了生の進路

修了後の主な進路先は、大学や高等学校などの教員である。画家やイラストレーターとして独立するもの、一般企業に就職する者、海外に渡航する者もいる。

主な修了生

S55 内田 雅三 広島大学教授 画家

S56 鈴木 司 秋田公立美術大学教授 画家

S56 野沢二郎 明星大学教授 画家

S57 加藤 修 千葉大学教授 画家

S57 北澤 茂夫 横浜美術大学教授 画家

S60 関崎 哲 岡山県立大学教授 画家

S60 東島 毅 京都造形芸術大学教授 画家

S60 松田 俊哉 国士舘大学教授 画家

H1 小澤 基弘 埼玉大学教授 画家

H2 松永 拓巳 熊本大学准教授 画家

H2 小林 俊介 山形大学教授 画家

H3 桶田 洋明 鹿児島大学教授 画家

H3 渡邊 晃一 福島大学教授 画家

H8 吉田 卓哉 東北芸術工科大学准教授 画家

H12 株田 昌彦 宇都宮大学准教授 画家

H12 日野 之彦 多摩美術大学講師 画家

H17 遠藤 悦史 横浜美術大学助教 画家

H21 加藤 隆之 福岡教育大学准教授 画家

H22 舩岳 紘行 北海道教育大学准教授 画家

H22 狩野 宏明 奈良教育大学准教授 画家

H23 樋口 健介 京都造形芸術大学専任講師 画家

*芸術学学位プログラム移行前の修了生になります。

© Copyright - Art and Design, University of Tsukuba