版画 領域

版画 領域

版画領域は、本学の学群または他大学で習得した教育の上に、専門性の高い研究を重ね、将来社会における指導的役割を果たし得る版画家、または版画に関わる諸専門家の育成を目標としている。

前期課程においては、絵画としての版表現の可能性について制作研究を主軸に進めつつ、現代版画の動向に関する調査や技法研究を通して、理論と実践の双方向から研究を推進する力の養成を目指す。

後期課程においては、各自設定したテーマに基づき、資料調査・実見調査及びそれを裏づける実験制作を通して、版画表現に関する新たな理論の構築を目指す。

また、授業の一環として、前期課程学生によるMC展、後期課程学生によるDC展を茨城県つくば美術館で開催し、各年度の研究成果として公開している。

主な専門科目

版画制作A:版画には版種によって様々な技法が存在する。これらの技法研究を実際の制作を通して行い、その特徴、性質を把握し、今後の作品制作に活かす。

版画制作B:現代美術における版画表現の可能性について研究する。春学期は作家について資料収集、秋学期は技法についてテーマを定め実験制作を行い、各学期末に発表する。

版画特別制作:修了制作に向けて個別に選定されたテーマによって版種を選び、版画の制作実験を試みる。

修了生の進路

博士後期課程へ進学、大学や高等学校・中学校などの教員、一般企業に就職、版画家やイラストレーター、WEBデザイナーとして独立する者など多様である。版画制作には専用の設備が不可欠であるが、工夫して続けている者も少なくない。

主な修了生

H19 城山萌々 東北芸術工科大学副手 博士(芸術学)

H20 宮城正作 長野県立大学講師

H24 竹内秀実 漫画家

H25 畠山美樹 WEBデザイナー

H25 小野修平 湘北短期大学講師 博士(芸術学)

H28 河内大樹 九州産業大学付属九州高等学校専任講師

H29 市川絢菜 筑波大学特任研究員

*芸術学学位プログラム移行前の修了生になります。

© Copyright - Art and Design, University of Tsukuba