リモートリアリティへの挑戦1:ミラノ工科大学との遠隔共同演習を開催

国際的な視野でデザインを学ぶデザイン学学位プログラムでは,活発な国際交流を推進しています.2020年度には,デザイン教育では世界でも有数のミラノ工科大学との共同演習を行いました.
世界的なコロナウィルス感染症拡大というパンデミックのためオンライン形式での共同演習となりましたが,デザインを進めるために不可欠なリアリティを重視して,リモートリアリティを実現する試みを行いました.
スマートワーキングと照明に関するデザイン ー ミラノ工科大学,筑波大学,Makris社

期間:2020年11月〜2021年2月

テーマ:「スマートワーキングをテーマにした照明器具のデザイン」

担当教員:F. Zurlo, R.Morozumi (ミラ ノ工科大学),伊藤節 (筑波大学,Studio I.T.O Design),山中敏正,大友邦子 (筑波大学)

協賛メーカー:Makris社 (伊)

Photo Gallery

現地のデザイナーによる特別講義およびオンラインアイデア講評会

Teams 上でのオンライン講評会および企業へのプレゼンテーション(左) デザイナーCarlo D’Alesio氏による照明デザインについての特別講義(右)

ライティングデザインの提案

両大学の混合チームによるライティングのデザイン提案

最終プレゼンテーション

ミラノ工科大学と筑波大学の6つの混合チームによる最終デザインプレゼンテーション