索米亜

デザインプロセスへの支援とこころのメカニズムの解明

索米亜

芸術系|助教

人類最も偉大な二つの発明は科学と芸術だと信じています。その間で探索し研究するには、無限の楽しさがあります。我々は科学を通して世界を理解し、芸術を通して世界を感じます。しかし、科学は人類共通の理解と言っても過言ではないですが、芸術に関しては人々が共感しきれない場合が多いです。その間で探索するのはデザインです。デザイナーは芸術を通してデザインを実現しようとする時、人々に納得してもらえず、論理的な解釈が求められる場合が少なくありません。デザイン創造活動を支援するために、我々は科学的なアプローチで人間の感情、気分、愛着など、いわゆるこころの動き(感性)のメカニズムを解明し、理論的な研究及びデザインへの応用研究を行います。

 

主な研究テーマ

イラストによる視覚化シチュエーションを用いた評価ツールの開発
嗜好と使用場面の雰囲気がユーザーの選択に与える影響
デザインの評価方法及び統計分析方法
デザイン学及び感性科学によるシチュエーション研究の確立

© Copyright - Art and Design, University of Tsukuba