版画領域

版画領域は、版画の基礎的知識と技術を実際の制作を通して修得し、豊かな感性と高い創造性を伴った表現力で、専門家として将来社会において多岐に渡って貢献できる人材の育成を目的とした教育を行っている。版画には大きくわけて凸版・凹版・平版・孔版といった4つの版種が存在する。代表的なものとして、木版画・銅版画・リトグラフ・スクリーンプリントが挙げられる。現代の版画はこれに留まらず、写真やCGをはじめそのカテゴリーの範囲を拡大し続けている。

本領域ではこうした現代版画の流れを見据えつつ、4版種を中心とした制作が可能な教育と設備を備えている。独自の表現手段として版画を選択し、作品を制作する為にはこれらの技法、設備の使い方の修得が不可欠である。1・2年では概論や基礎実習、3・4年では実技を通して深く版画について学べる専門科目が設定されている。さらに大学院において高度な研修ができるようになっている。

指導教員

田島直樹

教授 銅版画

© Copyright - Art and Design, University of Tsukuba