【美術史】デューク大学ジェニファー・ワイゼンフェルド先生に特別講義をしていただきました。

Dr. Gennifer Weisenfeld

“Protect the Skies!” Visualizing Civil Air Defense in Wartime Japan
護れ大空! 戦時期日本の防空イメージをめぐって

2019年7月23日(火)4限(13:45-15:00)
筑波大学 芸術系棟 B203会議室

 

日本のモダニズム美術を研究されているアメリカのデューク大学教授ジェニファー・ワイゼンフェルド先生に特別講義をしていただきました。テーマは戦時下の日本の防空と大衆文化の関係について。写真家の堀野正雄による1936年の《ガスマスク行進》は、防空演習としてガスマスクをつけて都心を行進する女子学生の姿をとらえています。この写真を中心に、防空イメージの多面的な様相をお話下さいました。空からの攻撃という恐怖が、防空演習という儀式化された身振りを作り出すとともに、防空ファッション、防空商品などのキャンペーンは消費者の購買意欲を煽り、義務感と満足感、恐怖と喜び、死と官能、(ガスマスクが喚起する)怪物のイメージとエロティシズム、など、非常時におけるアンビバレントな欲望をも生み出していったようです。講義を通し、軍国主義とモダンな大衆文化は切り離せない両面であるということを改めて知ることができました。本特別講義は芸術専門学群開講の専門科目「美術史演習A-1」の一環として行いましたが、受講生12名のみならず博士前期・後期の学生および人文社会系の博士後期課程の学生、さらに芸術系教員も参加し、合計30名の参加者が聴講しました。さらに講義後には質疑応答および活発なディスカッションが行われ、参加者相互の研究内容についての情報交換の機会ともなりました。

GENNIFER WEISENFELD, Professor in the Department of Art, Art History, and Visual Studies and Dean of the Humanities at Duke University, received her Ph.D. from Princeton University. Her field of research is modern and contemporary Japanese art history, design, and visual culture. Her first book Mavo: Japanese Artists and the Avant-Garde, 1905-1931 (University of California Press, 2002) addresses the relationship between high art and mass culture in the aesthetic politics of the avant-garde in 1920s Japan. And her most recent book Imaging Disaster: Tokyo and the Visual Culture of Japan’s Great Earthquake of 1923 (University of California Press, 2012, Japanese edition Seidosha, 2014) examines how visual culture has mediated the historical understanding of Japan’s worst national disaster of the twentieth century. She is the guest editor of the special issue Visual Cultures of Japanese Imperialism of the journal positions: east asia cultures critique (Winter 2000) that includes her essay, “Touring ‘Japan as Museum’: NIPPON and Other Japanese Imperialist Travelogues.” She has also written extensively on the history of Japanese design, such as, “‘From Baby’s First Bath’: Kaō Soap and Modern Japanese Commercial Design” (The Art Bulletin, September 2004) and the core essay on MIT’s award-winning website Visualizing Cultures on the Shiseido company’s advertising design. She is currently working on two new book projects, one titled The Fine Art of Persuasion: Corporate Advertising Design, Nation, and Empire in Modern Japan, and the other, Protect the Skies! Visualizing Civil Air Defense in Wartime Japan.

 

レクチャー&トーク・セッション「清宮質文&駒井哲郎—版をめぐる静寂」を開催しました

大学会館アートスペースで開催中のUTAC筑波大学アート・コレクション 石井コレクション特集展示「紙上の紙上なるもの.2:清宮質文&駒井哲郎」の関連企画を開催しました。美術史と版画制作研究の視点から清宮質文と駒井哲郎、そして駒井の霊感源の一であったとも見なされるスイスの画家パウル・クレーの芸術に迫る機会となりました。学内外から30名を越える出席があり、作品を間近にした願ってもない空間の下で、盛会のうちに終わりました。

レクチャー&トーク・セッション
「清宮質文&駒井哲郎—版をめぐる静寂(しじま)」

日時 2019年6月22日(土)13:30から16:00
会場 筑波大学 大学会館アートスペース

プログラム
〇レクチャー
栗田秀法=名古屋大学大学院人文学研究科教授/美術史
「クレーが開いた内なる世界の探求」
田島直樹=筑波大学芸術系教授/銅版画制作
「駒井哲郎の制作と技法」
佐野広章=桐生大学短期大学部准教授/木版画制作
「清宮質文の木版技法を解剖する」
〇トーク・セッション
栗田秀法+田島直樹+佐野広章
(モデレーター 寺門臨太郎=筑波大学芸術系准教授)

栗田秀法先生のご講演  

【美術史】筑波大学芸術学美術史学会 春季研究発表会 

筑波大学芸術学美術史学会では春季研究発表会を開催します。

●2019年4月21日(日) 13時から15時

●筑波大学芸術系棟 B203会議室

●無料/どなたでも参加できます

 

●研究発表

有須千夏(筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻)

「国際舞台での棟方志功—国外での禅ブームとのかかわりについて」

川村笑子(同上)

「日本の美術団体に関する萌芽的研究—1980年代前後の顕彰・展覧会を中心に」

 

 

 

 

【美術史】国士舘大学政経学部経済学科講師 河田英介先生に特別講義をしていただきました。

特別講義「20世紀初頭におけるモダニズム芸術運動と英米文学」

2018年12月10日(月)3限(12:15-13:30)
筑波大学 体芸棟 5C507教室
芸術専門学群 専門共通科目「美術論A-2」

講師:河田英介(かわだ・えいすけ)
コロンビア大学卒業、東京大学大学院人文社会系研究科英語英文学科後期博士課程単位取得退学。筑波大学人文社会系助教(2015-2017)を経て、2018年より国士舘大学政経学部経済学科講師 。専門は英米文学、美学・芸術学。とくにアーネスト・ヘミングウェイ研究と文体論、詩学。現在取り組んでいる研究課題は「 アーネスト・ヘミングウェイ短編作品における文体美学とリアリズムの体系的研究」(科研・基盤研究C 2018-2020)。

芸術専門学群 専門共通科目「美術論A-2」の授業の一環となる特別講義。秋ABでは授業の課題を「1910年の美術」として、1910年代の欧米・日本の芸術思潮を考察しています。通常授業では美術史上の運動や特定の作家・作品を扱うため、そこでカバーできていない文学史について1910-20年代頃に範囲を広げて特別講義をお願いしました。
特別講義では、まず20世紀初頭がどのような時代であったか社会の動きを年表にまとめ、さまざまな発見や技術革新のあった年代であることが解説されました。思想的根拠としてマルクス、フロイト、ニーチェを挙げ価値観の転換期であったことを示し、さらにモダニズム絵画を概観したのちに英米におけるモダニズム文学の動向として、詩のモダニズム(ハリエット・マンロー、ロバート・フロスト、ガートルード・スタイン、T.S.エリオット、エズラ・パウンド、ミナ・ロイ他)、小説のモダニズム(アーネスト・ヘミングウェイ、フランシス・スコット・フィッツジェラルド、ウィリアム・フォークナー他)を紹介。総じて「スタイルの時代」「分断と統合の時代」であったと定義づけました。これらの考察により、意識の流れをそのまま表現するような文芸作品が、その他の芸術領域と複雑に絡みあいながら発展していったことが理解できました。
今回は受講生以外の参加もあり、およそ30名の聴講者がありました。


 

Art HistorySpecial lecture by Mr. Eisuke Kawada, Lecturer of the Department of Economics, Faculty of Political Science and Economics, Kokushikan University

Special lecture “Modernist art movements and British and American literature at the beginning of the twentieth century”

Monday, December 10, 2018 3rdperiod (12:15 p.m.­–1:30 p.m.)
University of Tsukuba, Art and Physical Education Area 5C 507
School of Art and DesignSpecialized common subject “Fine Art Theory A-2”

Speaker: Eisuke Kawada
A graduate of Columbia University, Mr. Kawada completed coursework with a degree in the Department of English Language and Literature Doctoral Program, Graduate School of Humanities and Sociology and Faculty of Letters, The University of Tokyo. After working as an assistant professor in the Faculty of Humanities and Social Sciences at the University of Tsukuba (2015–2017), he became a lecturer at the Department of Economics, Faculty of Political Science and Economics at Kokushikan University in 2018. Mr. Kawada specializes in British and American literature, aesthetics, and theory of art, with a focus on Ernest Hemingway’s research, stylistics, and poetics. He is currently working on the research project “A systematic study on style, aesthetics, and realism in the short stories of Ernest Hemingway.” (JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research C 2018-2020).

 

This special lecture formed part of the School of Art and Design specialized common subject “Fine Art Theory A-2” class. In Fall AB, the theme of the lesson was “Fine art in 1910,” in which the Western and Japanese art trends of 1910 were studied. As movements in art history as well as specific artists and their work are covered in the regular class, we asked that the special lecture extend to the literary history of the 1910s and 1920s, which is not covered in the regular class.
The special lecture began with a chronological summary about what the beginning of the twentieth century was like. Mr. Kawada explained that it was an era of various discoveries and technological innovations, and a turning point for value systems based on the ideologies of Marx, Freud, and Nietzsche. After providing an overview of modernist painting, he introduced the class to modernist poetry (Harriet Monroe, Robert Frost, Gertrude Stein, TS Eliot, Ezra Pound, Mina Loy, etc.) and modernist authors (Ernest Hemingway, F Scott Fitzgerald, William Faulkner, etc.) as examples of trends in modernist literature in Britain and the United States. He defined it generally as an “era of style” and “era of division and unity.” From this, we learned that these literary and artistic works represented streams of consciousness as they were developed, as they were interconnected in complex ways with other spheres of art.
This time, we were also joined by non-students, with approximately 30 people attending the lecture.

 

【美術史】英セインズベリー日本藝術研究所 渡辺俊夫先生に特別講演をしていただきました。

特別講演『英米ジャポニスム研究の表と裏』
2018年12月6日(木)3限(12:15-13:30)
筑波大学 芸術系棟 B203会議室

講師:渡辺俊夫先生 Professor Toshio Watanabe(Ph. D.)
上智大学卒業、バーゼル大学で博士号取得。ロンドン芸術大学(UAL)チェルシー・カレッジ教授の後、現在セインズベリー日本藝術研究所教授。著書にHigh Victorian Japonisme (1991), Japan and Britain: An Aesthetic Dialogue 1850-1930 (1991), Ruskin in Japan 1890-1940: Nature for art, art for life (1997) ほか。英国美術史学会会長、テート・ブリテン評議員等を歴任。2004年ロンドン芸術大学(UAL)に Research Centre for Transnational Art, Identity and Nation (TrAIN)
を設立。

芸術系教員、人文社会系教員、博士前期・後期課程学生、学群生、科目等履修生など本学からの参加者に加え、学外からは東京藝術大学からも大学院生が参加し、約35名の出席がありました。
特別講演の内容は、英米ジャポニスム研究の「研究史」を1960年代以前、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2001年以後と丹念にたどり、英独仏語の必読書を挙げながら先行研究の優れた論点を解説するものでした。一方でベストセラーでも内容に問題のある研究書に言及するなど踏み込んだ発言もあり、研究の裏側を知ることにもなりました。ジャポニスムは美術にとどまらないこと、洋の東西だけでなくトランス・ナショナルな視点が必要であること、国境の境目に穴があって行き来しているイメージのボーダー(境界)を意識すること、など講師が自らの研究歴に重ねてジャポニスム研究の理論と手法を詳述する本講演は、参加者が自らの研究を振り返りつつ最新の研究動向を知るまたとない機会となりました。


Art HistorySainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Cultures  Special Lecture by Professor Toshio Watanabe

Special lecture “The two sides of British and American Japonisme Research”
Thursday, December 6, 2018 3rdperiod (12:15 p.m.–1:30 p.m.)
University of Tsukuba Institute of Art and Design B203 Conference Room

Speaker: Professor Toshio Watanabe (Ph. D.)
Professor Watanabe is a graduate from Sophia University who received his doctorate from the University of Basel. After teaching at the University of the Arts London (UAL) Chelsea College of Arts, he became a professor at the Sainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Cultures, where he still teaches today. Books written by Professor Watanabe include High Victorian Japonisme (1991); Japan and Britain: An Aesthetic Dialogue 1850–1930 (1991); and Ruskin in Japan 1890–1940: Nature for art, art for life (1997). He was formerly the Chairman of the Japan Art History Society and a Council Member of Tate Britain. In 2004, he established the Research Centre for Transnational Art, Identity and Nation (TrAIN) at the University of the Arts London (UAL).

 

In addition to attendees from this university, including Art and Design faculty members, Humanities and Social Sciences faculty members, students from the Master’s and doctoral programs, college students, and non-degree students, we were joined by graduate students from the Sainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Cultures. In total, around 35 people were present on the day.
The special lecture elaborated the “history of research” with regard to British and American Japonisme research, starting from the pre-1960s’ era to the 1960s, 1970s, 1980s, 1990s, and 2001 onward. With reference to important English, German, and French books, he spoke about the prominent issues of previous research. He also offered in-depth commentary, including references to studies that were problematic in terms of content, despite being best-seller books. This taught us about the other side of research. This lecture detailed the theories and techniques of Japonisme research on top of Professor Watanabe’s own research history, as we learned that Japonisme is not limited to fine art; that we need not only an East and West perspective, but a transnational one; and that we must become conscious of the image of a porous national border as it comes and goes. This was a unique opportunity where those present were able to learn about new research trends as they reflected on their own research.