【新刊案内】五十殿利治『久米民十郎 モダニズムの岐路に立つ「霊媒派」』

このたび、本学名誉教授の五十殿利治氏による単著『久米民十郎 モダニズムの岐路に立つ「霊媒派」』が刊行されました。

出版社 せりか書房
発行日 2022/4/25
判型 A5判
ページ数 325頁

【新刊案内】岡塚章子『帝国の写真師 小川一眞』

このたび、本学大学院人間総合科学研究科芸術専攻を修了された岡塚章子氏による単著『帝国の写真師 小川一眞』が出版されました。

岡塚氏は、東京都江戸東京博物館都市歴史研究室長・学芸員で、2016年3月、本学において『小川一眞研究-撮影・印刷・出版 近代日本と写真-』にて、博士(芸術学)を取得されました。

出版社 国書刊行会
発売日 2022/04/25
判型 A5判 ISBN 978-4-336-07326-6
ページ数 508 頁

出版社のWEBサイトはこちらから

令和3年度 美術史領域・芸術支援領域 修士論文発表会 オンライン開催についてのご案内

2022年2月22日(火)に予定している筑波大学大学院 美術史領域・芸術支援領域による修士論文発表会は、昨今の社会情勢を鑑み、Zoomでのオンライン開催に変更となりました。
参加を希望される方は、下記のフォームにご登録ください。

ご記入いただいたメールアドレスにミーティングIDおよびパスコードを送付いたします。
なお、ドメイン「@s.tsukuba.ac.jp」を受信できるように設定をお願いいたします。
※申込締め切りは開催前日21日(月)24時まで

日時:令和4年2月22日(火)
12:50 接続開始
13:00 開会 (15:00 閉会予定)
場所:Zoomによるオンライン形式

令和3年度芸術学専攻卒業論文発表会 オンライン開催についてのご案内

2022年2月11日(金・祝)に予定していた芸術学専攻美術史コース・芸術支援コース卒業論文発表会は、新型コロナウィルスの感染拡大状況を鑑み、Zoomでのオンライン開催に変更となりました。
参加を希望される方は、下記のフォームにご登録ください。なお、ご連絡は前日の2月10日(木)24時で締め切らせていただきます。

https://forms.gle/92FYkNhSMMTURSrr6

日時:2022年2月11日(金・祝)
12:50 Zoom接続開始
13:00 開会
場所:Zoomによるオンライン形式

オンライン公開シンポジウム「遺構と記憶」のご案内

「オンライン公開シンポジウム-遺構と記憶-」

2022年1月29日(土)10:00~13:40(JST)Zoomオンライン

(※NYは1/28(金)の 20:00~23:40)

申込Googleフォーム(前日まで可)https://forms.gle/87oboS9NkAAeBngV6

 

10:00~10:15  趣旨説明 (司会:林みちこ)

パネリスト発表 各20分×6人

10:15~10:35 山田健二(美術家/東京藝術大学大学院映像研究科専門研究員/文化庁新進芸術家海外派遣制度令和3年度研修員)※ニューヨークから中継

「芸術実践を通した公共空間の発掘 – 歴史遺構を拠点とする市民との協働制作をめぐって」

10:40~11:00 土山陽子(早稲⽥⼤学⼤学院⽂学研究科)

「「ザ・ファミリー・オブ・マン」展(1955 年)のパネル展⽰について—1930年代の写真壁画の系譜において」

11:05~11:25 与那覇大智(画家/沖縄県立芸術大学非常勤講師)

「沖縄を描くことについて」

11:30~11:50 高嶋敏展(写真家/アートプランナー)

「忘れられた戦争 出雲の戦争遺跡から見えること」

11:55~12:15 川村笑子(筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻)

「戦犯が遺した言葉―巣鴨遺書編纂会編『世紀の遺書』(1953年)をめぐって」

12:20~12:40 下山雄大(筑波大学芸術専門学群美術史領域3年/筑波大学先導的研究者体験プログラム(ARE)採択者)

「カナダの日系二世美術家ロイ・キヨオカと 1970 年大阪万博」

12:40~12:50  休憩

12:50~13:30  総合討議(40分)

13:30~13:40  閉会

フライヤーPDFファイル 遺構と記憶フライヤー