令和元年度 展覧会のお知らせ

*過去の展覧会情報はこちら

■ 展覧会のお知らせ

  • 芸術専門学群洋画領域2年生「『もっと、欲』展」
    2020年1月14日(火)~2020年1月16日(木)/筑波大学 アートギャラリー T+
  • 芸術祭「洋画・版画展」「たまご展」
    2019年11月3日(日)~2019年11月4日(月)/芸術専門学群棟

■ 在学生の発表活動

  • 鶴身阿未
    「FACE展 2020 損保ジャパン日本興亜美術賞展」
    2020年2月15日(土)~2020年3月15日(日)/東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
  • 博士前期課程芸術専攻洋画領域1年生(5名)
    「Present day」
    2020年2月4日(火)~2020年2月9日(日)/GALLERY KINGYO
  • 村上亜希、名倉歩
    「第2回 碧い風」
    2019年12月23日(月)~2019年12月28日(土)/銀座スルガ台画廊
  • 笠原浩美
    「笠原浩美展-原風景-」
    2019年5月9日(木)~5月14日(火)/画廊・珈琲Zaroff

■ 卒業生・修了生の発表活動

  • 蔵野由紀子
    個展「SPROUT」
    2020年2月21日(金)~3月8日(日)/なかお画廊
  • 平埜佐絵子
    「FACE展 2020 損保ジャパン日本興亜美術賞展」
    2020年2月15日(土)~2020年3月15日(日)/東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
  • 河原由佳、森あやか
    「芸大・茨大・筑波大卒業修了制作選抜展」
    2019年4月21日(日)~5月4日(土)/東海ステーションギャラリーA
  • 日野之彦
    個展「高い所」
    2019年4月20日(土)~5月25日(土)/SNOW Contemporary
  • 安中仁美
    「安中仁美 絵画展-春に響く-」
    2019年4月17日(水)~4月22日(月)/天満屋広島八丁堀 7階 アートギャラリー
  • 野沢二郎
    「NIRO NOZAWA at the celestial boundary」
    2019年11月18日(月)~2019年11月23日(土)/コバヤシ画廊
石川 総一郎

令和元年度修了生の修了研究

令和元年度修了生の修了研究

石川 総一郎(いしかわ そういちろう)

□研究題目
「写真を用いた写実表現」作品及び研究報告書

□作品
「End of May- Ⅰ」
油彩、パネルにキャンバス 162×130cm

石川 総一郎


「End of May- Ⅱ」
油彩、パネルにキャンバス 162×130cm石川 総一郎


大迫 璃子(おおさこ りこ)

□研究題目
「桜島の火山灰を利用した絵画についての研究」作品及び研究報告書

□作品
「現在地の確認」
アクリル・油彩・ミクストメディア、木製パネル 162×291cm

大迫 璃子


鶴身 阿未(つるみ あみ)

□研究題目
「デジタルネイティブ世代の絵画表現」作品及び研究報告書

□作品
「愛おしいすべての」
油彩、キャンバス 162.0×324.0cm

鶴身 阿未


沼田 友理子(ぬまた ゆりこ)

□研究題目
「油彩画における和紙を使用した空気感の表現の研究」作品及び研究報告書

□作品
「白昼夢Ⅴ-Ⅰ」(左半分)
油彩、和紙・パネル 194×194cm

「白昼夢Ⅴ-Ⅱ」(右半分)
油彩、和紙・パネル 194×194cm

沼田 友理子


古屋 花子(ふるや はなこ)

□研究題目
「20世紀の英国における人物画の系譜―スレイド美術学校の貢献に着目した一考察― 」作品及び研究報告書

□作品
「Chaos-Cosmos」
油彩、パネル 285×285cm

古屋 花子


村上 亜希(むらかみ あき)

□研究題目
「「アポロとダフネ」を主題とした絵画の図像展開について」作品及び研究報告書

□作品
「あなたを想うⅠ」
膠テンペラ、パネルに石膏地 194cm×162cm

村上 亜希


「あなたを想うⅡ」
膠テンペラ、パネルに石膏地 194cm×162cm村上 亜希


横山 大祐(よこやま だいすけ)

□研究題目
「タッチを用いた油彩画制作」作品及び研究報告書

□作品
「asleep」
油彩、キャンバス 194×259cm

横山 大祐


吉田 和美(よしだ かずみ)

□研究題目
「グスタフ・クリムトの作品にみる装飾性と象徴性」作品及び研究報告書

□作品
「踊る、分裂する、そして消える」
アクリル・ペン・鉛筆、紙・パネル 194×390.9cm

吉田 和美


谷口 立歩(たにぐち りつほ)

□研究題目
「シュルレアリスムの絵画表現にみるモチーフ選択と絵画空間の構築方法について」作品及び研究報告書

□作品
「夜光」
油彩、キャンバス 194×259cm

谷口 立歩


修了研究

修了研究(洋画全教員、博士前期2年次)

作品の制作および研究報告書の執筆に取り組みます。その成果が修了後の作家活動の礎になります。
また、博士後期課程への進学希望者にとっては、修了研究は進学後の研究課題を模索し選択するための考察と実践であると言えます。

令和2年度 修了研究

令和元年度 修了研究

平成30年度 修了研究

平成29年度 修了研究

平成28年度 修了研究

平成27年度 修了研究

平成26年度 修了研究

平成25年度 修了研究

平成24年度 修了研究

平成23年度 修了研究

平成22年度 修了研究

平成21年度 修了研究

学士課程カリキュラム 実技・演習:素描基礎演習Ⅰ

素描基礎演習Ⅰ( 内藤、全10週、1・2年次)

静物や学内風景をモティーフとした素描(木炭または鉛筆)により,基礎的な表現力と創造的な感覚を養います。

 

素描基礎演習Ⅰ作品 素描基礎演習Ⅰ作品
素描基礎演習Ⅰ作品
卒業研究A、B 授業風景

学士課程カリキュラム 実技・演習:卒業研究A、B

卒業研究A、B(洋画全教員、4年次)

卒業予定の4年生は、4月から卒業研究に着手します。
作品の制作に加えて、研究報告書を執筆します。ここでの研究成果が、卒業後における個々の表現活動の礎となります。
将来の制作活動を見据え、基礎的な表現力と造形力をもとに、主体的に制作・研究し、個々に独自の表現意図に照らしてより柔軟な造形表現を展開する力を養成します。

 

令和2年度 卒業研究

令和元年度 卒業研究

平成30年度 卒業研究

平成29年度 卒業研究

平成28年度 卒業研究

平成27年度 卒業研究

平成26年度 卒業研究

平成25年度 卒業研究

平成24年度 卒業研究

平成23年度 卒業研究

 

平成22年度 卒業研究

平成21年度 卒業研究