投稿

洋画領域修了生が出品「第4回卒業成果展」2018年10月30日(火)~2018年11月4日(日)

「(財)神山財団芸術支援プログラム 第4回卒業成果展」に、洋画領域修了生の草間奈瑠美さんが出品されます。
併せて、「第3回卒業成果展」で大賞を受賞された、洋画領域修了生の柏木健佑さんの作品が展示されます。

「(財)神山財団芸術支援プログラム 第4回卒業成果展」
会期:2018年10月30日(火)~11月4日(日)
会場:FEIART MUSEUM YOKOHAMA
(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2
横浜鶴屋町ビル1F)

入場時間:10:00~19:00 
※11月3日(土)15:00まで
※11月4日(日)17:00まで
入場無料

http://www.f-e-i.jp/exhibition/5114/

芸術祭「洋画・版画展」2018年11月3日(土)~2018年11月4日(日)

芸術祭「洋画・版画展」

筑波大学学園祭「雙峰祭」において、「芸術祭2018」の企画(学術企画)の一つとして開催される洋画および版画の作品展です。芸術専門学群洋画コースならびに特別カリキュラム版画、大学院博士前期課程芸術専攻洋画領域の学生が作品制作研究の成果を発表します。

会期:2018年11月3日(土)-11月4日(日)
会場:筑波大学体芸エリア 6A棟4階410・413、5C棟2階205 
アクセス:つくばセンター6番バス乗り場から「筑波大学中央行き」または「筑波大学循環(右回り)」に乗車、「筑波大学西バス停」下車徒歩2分

会場風景

洋画領域の河原由佳さんが受賞「第20回記念 雪梁舎 フィレンツェ賞展」

「第20回記念雪梁舎フィレンツェ賞展」で、博士後期課程3年の笠原浩美さんが入選、博士前期課程2年の河原由佳さんが優秀賞を受賞しました。
展覧会に作品が展示されます。

「第20回記念雪梁舎フィレンツェ賞展」
【新潟会場】
会場:雪梁舎美術館 
2018年8月5日(日)~9月9日(日)
9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
月曜休館(祝日の場合は翌火曜)ただし8月13日は開館
一般500円、中学生以下無料

【東京会場】
会場:東京都美術館 ギャラリーC(地下2階)
2018年10月24日(水)~30日(火)会期中無休
9:30~17:30(入場は閉場の30分前まで。最終日は14:30で閉場)
入場無料

大西 美帆

平成30年度修了生の修了研究

平成30年度修了生の修了研究

大西 美帆(おおにし みほ)

□研究題目
「絵画表現における見る行為とキャンバスの物理的形状との相互作用」作品及び研究報告書

□作品
「向こう側の世界」
アクリル絵具、油彩、紐、不織布、ベニヤ板、ポリスチレンフォーム 223.5 × 363.0cm

大西 美帆

 

岡谷 春佳(おかたに はるか)

□研究題目
「絵画における色彩の対比と表現効果」作品及び研究報告書

□作品
「私の場所 脱衣所」
油彩、パネル 162 × 194cm

岡谷 春佳

 

「私の場所 洗面台」
油彩、パネル 162 × 130cm

岡谷 春佳

 

河原 由佳(かわはら ゆか)

□研究題目
「アルミホイルを利用する絵画表現」作品及び研究報告書

□作品
「愛を失くした場所」
アクリル絵具・油彩・ミクストメディア 194 × 162cm

河原 由佳

 

「夢想」
アクリル絵具・油彩・ミクストメディア 162 × 194cm

河原 由佳

兒玉 敏郎(こだま としろう)

□研究題目
「写実表現による人物描写における色彩の役割について」作品及び研究報告書

□作品
「TSUKUBA」
2 枚組作品
油彩、パネル

兒玉 敏郎 兒玉 敏郎

 

小西 美歌(こにし みか)

□研究題目
「20世紀以降のモノクローム絵画に関する考察」作品及び研究報告書

□作品
「風景」
油彩、綿布・パネル 162× 194cm
小西 美歌

「mono」
油彩、綿布・パネル 130.3 × 194cm

小西 美歌

 

早坂 由美(はやさか ゆみ)

□研究題目
「絵画における作品と現実の空間の境界に関する一考察」作品及び研究報告書

□作品
「blue cocoon」
油彩、綿布・パネル
162× 130cm
162 × 130cm
227.3 × 181.8cm

早坂 由美 早坂 由美 早坂 由美

佐藤 瑞季(さとう みずき)

□研究題目
「木版画による抽象表現−恩地孝四郎を中心に−」作品及び研究報告書

□作品
「落花」
水性木版、楮紙 210× 97cm

佐藤 瑞季

 

石橋 藍子

平成29年度修了生の修了研究

平成29年度修了生の修了研究

石橋 藍子(いしばし あいこ)

□研究題目
「作者の自己意識と絵画制作の関係について」作品及び研究報告書

□作品
「地球の鋳型Ⅱ(夜まがいを渡る男)」(左右)
ミクストメディア、パネルに和紙 194 × 194cm
「地球の鋳型Ⅰ(目測 167 センチメートルの夜)」(中央)
油彩・箔・紙、綿布・パネル 194 × 194cm

石橋 藍子 石橋 藍子 石橋 藍子

太田 夏希(おおた なつき)

□研究題目
「画題としての「夢」についての一考察」作品及び研究報告書

□作品
「once upon a time」
銅板 60× 100cm

太田 夏希

 

「夢の入り口」
銅板 60× 100cm

太田 夏希

草間 奈瑠美(くさま なるみ)

□研究題目
「人物の肌の表現におけるグレーの効果と可能性」作品及び研究報告書

□作品
「最愛の、」
油彩、石膏地 パネル

草間 奈瑠美

坂本 有希(さかもと ゆき)

□研究題目
「写真を利用した絵画制作―スマートフォンの活用で可能となる油彩表現―」作品及び研究報告書

□作品
「circle」
油彩、キャンバス 162 × 162cm

坂本 有希

 

「mountain」
油彩、キャンバス 130.3 × 194cm

坂本 有希

 

高嶋 麻衣(たかしま まい)

□研究題目
「絵画における「普通」についての考察」作品及び研究報告書

□作品
「ほごしょく」
計 36 点の絵による組作品
パネル、綿布、木材、ケント紙、アクリル板、筒状ボール紙、スタイロフォーム、パレットにアクリル絵具

高嶋 麻衣

浪川 周(なみかわ まこと)

□研究題目
「絵画とイラストレーションの位置づけについての考察」作品及び研究報告書

□作品
「same as usual, or brave new world,」
油彩、キャンバス 162×354cm

浪川 周

「superficial play, or love,」
油彩、キャンバス 194×112cm浪川 周

日髙 衣紅(ひだか いく)

□研究題目
「台湾の民間信仰と版画」作品及び研究報告書

□作品
「My lucky color is」
シルクスクリーン、映像

日髙 衣紅