平成25年度 卒業研究

平成25年度(2013) 卒業生の卒業研究紹介

黒上 涼子 (くろかみ りょうこ)

□論文題目
制作ノート-人物のいる風景画-

□作品
「刻が流れて Ⅰ/刻が流れて Ⅱ」
油彩  各H245×W189cm

   
藤嶋 咲子(ふじしま さきこ)

□論文題目
コンセプチュアル・アート作品におけるモチーフとしての「時間」の効果と可能性
-20世紀以降の絵画を中心に-

□作品
「mono Ⅱ」
平面  H227×W324cm

山崎 陽(やまさき よう)

□論文題目
絵画の支持体について

□作品
「道の途中で」
油彩  H364×W227cm

魚住 幸加(うおずみ さちか)

□論文題目
女性像における造形美と情感の表現

□作品
「無知」
油彩 H194×W260cm

大政 愛(おおまさ あい)

□論文題目
病院アートプロジェクトと絵画制作者の関わり方の考察

□作品
「日常と非日常のあいだには」
油彩 H227×W364cm

片岡 知紗(かたおか ちさ)

□論文題目
平面表現と立体表現の相違点

□作品
「そーちゃん/うっちゃん」
油彩  各H194×W130cm

可児 美里(かに みさと)

□論文題目
シュルレアリスムの技法とその視点

□作品
「アオ/カラス」
油彩 H162×W130cm/H130×W162cm

北 友花(きた ゆうか)

□論文題目
幽玄と有心にみる日本の美意識

□作品
「GO!GO! into the world of dreams」
油彩  H227×W364cm

小山 真和(こやま まさかず)

□論文題目
モチーフとして扱われる人体についての一考察

□作品
「南無阿弥陀仏デスティニー」
油彩 H227×W364cm

塩滿 幸香(しおみつ さちか)

□論文題目
絵の物語性について

□作品
「Sit down, please.」
油彩 H227×W364cm

柴間 智恵子(しばま ちえこ)

□論文題目
プロパガンダとしての芸術について

□作品
「m and m」
油彩 W130×H324cm

竹内 友美(たけうち ともみ)

□論文題目
線の持つ効果について
〜単純化と視覚化、鑑賞者に与える感覚のゆらぎ〜

□作品
「うつるもの Ⅰ/うつるもの Ⅱ」
油彩 各W194×W130cm

田中 正晃(たなか まさあき)

□論文題目
西洋絵画における線の働き

□作品
「世界 Ⅰ/世界 Ⅱ」
油彩 各H162×W130cm

野田 瑞季(のだ みずき)

□論文題目
絵画における自然の必要性

□作品
「6:16 p.m./5:45 p.m.」
油彩 各H130×W162cm

平本 梢恵(ひらもと こずえ)

□論文題目
エドワード・ホッパーの主題とその表現方法について

□作品
「N」
油彩 W194×H261cm

藤村 魁人(ふじむら かいと)

□論文題目
油彩画におけるコラージュ技法

□作品
「団欒」
油彩 W227×W364cm

幣島 正彦(へいじま まさひこ)

□論文題目
つくることにおける「なさ」の可能性をめぐって

□作品
「ところで、風景変わったなぁ」
平面 W310×H210cm

松井 千夏(まつい ちなつ)

□論文題目
絵画作品におけるマンガ的手法についての研究

□作品
「MOB」
油彩 W227×W364cm