【授業紹介】デザイン演習1・途中経過

2年生の演習授業「デザイン演習」を紹介します。
デザイン演習はデザイン専攻の必修科目で、年間を通して情報デザイン、プロダクトデザイン、環境デザイン、建築デザイン各領域の課題を行います。
現在は、建築デザイン領域の課題に取り組んでいるところです。

提出物は、配置図・各階平面図・立面図・断面図・透視図、そして模型です。
毎週のチェックで先生方からアドバイスを頂き、試作を重ね、進めていきます。

今回の課題は「週末住宅」です。日常の喧騒から離れ、休暇を過ごすための別荘を設計します。
延床面積は100平米以内で、少なくとも3人が寝泊まりできること、というのが条件です。
「日常から解放された楽しみを空間化すること」がテーマです。
それぞれ、どんな住宅が完成するのか…楽しみですね。

ちょっとだけ、作業中の様子も写真でご紹介します。

友達と一緒に考えてみたり、
息抜きしてみたり…
いろんな模型を見て参考にしてみたり。
大変だけれど、何だかんだ言って楽しい、これがデザインですよね。

[デザイン専攻2年 M.I.]

制作中の建築模型

制作中の建築模型

課題について考え中

課題について考え中

息抜き中

息抜き中

過去の作品を参考に

過去の作品を参考に


【授業紹介】造形技法実習D グラフィックプレゼンテーション-1

今回は一、二年生向けの授業である、造形技法実習Dグラフィックプレゼンテーション-1の授業を紹介します。

通称“グラプレ”と呼ばれるこの授業ですが、一学期は主に建築図面の描き方を学びます。まず初めに先生から描く線の一本一本の意味や基本的な図面の読み方を教わります。一通り教わるといよいよ製図の始まりです。製図とは鉛筆と定規を持って紙に図面を描いていく事ですが、描く線によって線の太さを変えるのはもちろんの事、線の濃さも変えていきます。平面図→立面図→断面図→透視図を描いた後で模型製作も行われます。
なかなかハードな授業かつ初めての製図に皆首をかしげているようでしたが、将来一流のデザイナーを目指してがんばりましょう!

[デザイン専攻3年 ササキ]

グラプレ授業風景1

グラプレ授業風景2

グラプレ授業風景3


【活動報告】デザイン専攻の新歓が行われました

新一年生が入ってくるこの時期、様々な場所で新歓が行われますが、デザイン専攻も例外ではありません。この日は二年生が企画をしたデザイン新歓が行われました。

デザイン専攻だけでなく、芸術専門学群ではこの時期に数多くの新歓が行われます。この新歓の多さと先輩後輩の仲がとても良いのが芸術専門学群の特徴でもあり、下級生は悩みがあればすぐに先輩に相談できたり、先輩は後輩に作業を手伝ってもらったりと、色々な場面で支え合っています。                   
この記事をご覧になっている皆さんも、よかったら来年芸術専門学群に来て、新歓を体験してみませんか?

デザイン専攻新歓

[デザイン専攻3年 T.S.]

【活動報告】新2年生がデザイン部屋へ仲間入り

デザイン専攻の2年生以上の学生が主に作業を行う部屋、それが通称「デザイン部屋」です。
1年生のときには5C棟の「デ基礎部屋」が活動の拠点になりますが、2年生以上は6A棟の3階が活動の拠点となります。
新2年生は、1年間お世話になったデ基礎部屋の大掃除をして、デザイン部屋への大移動を行います。

デザイン2年部屋 清掃中

デザイン2年部屋 清掃中

デザイン2年部屋 清掃完了

デザイン2年部屋 清掃完了


これからは、ここでデザイン演習が行われます。
アイデアスケッチや製図、模型製作など、さまざまな活動が夜遅くまで行われます。
製作途中の苦悩も、息抜きも、完成の喜びも、机を並べる仲間たちと共に分かち合います。
また新たな思い出が刻まれていくことでしょう。

[デザイン専攻2年 M.I.]

【授業紹介】体芸食堂リニューアルプロジェクトにて学生たちが壁を塗装

筑波大学体芸エリアにある食堂は現在、ADP(大学を開く アート&デザインプロデュース)の1つ、アスレチックガーデン・プロジェクトとして、今年度から入る新しい業者と体育・芸術の教員と学生により改装が進められています。先日はその一環として、左官業者と芸術の学生により二階の壁の一部を塗装しました。

壁は漆喰仕上げにするので、塗装にはコテを使います。全く経験が無い学生達でしたが、業者さんに教えていただき作業を始めました。慣れないうちは床に漆喰を落としてしまったりと、なかなか上手く作業が進みませんでしたが、次第に慣れてくるにつれ独特の表情の壁が出来上がってきました。業者さん曰く、左官の表現に決まったものはなく、その人の個性が出るものだそうです。自分たちで使う食堂が、自分たちの手の跡の残ったものになるということはとても素晴らしいことです。作業は5時間ほどかかりましたが、最後の方は、業者さんも目を見張る仕上がりとなりました。

体芸食堂のリニューアルはこれからも続いてゆきます。まだ改善すべき箇所は山ほどありますが、一つ一つ丁寧に解決し、ずっと愛されて使われ続ける食堂になってくれたらと思います。新しい体芸食堂は新学期にオープンとなりますので、是非足を運んでみて下さい。

[デザイン専攻3年 K.K.]

関連ページ

筑波大学 大学を開くアート&デザインプロデュース

作業の様子

作業の様子

完成!

完成!

業者さんと芸術の教員・学生

業者さんと芸術の教員・学生