【活動報告】ADP最終発表会

開会前の会場

開会前の会場


各チーム一年間の歩み

各チーム一年間の歩み


壁には汽車が!

壁には汽車が!

3月10日、「大学を開く Art&Design Produce演習」(通称ADP)で一年間を通して各チームが行ってきた活動の成果を報告する発表会が開かれました。場所は「つくばサイエンス・インフォメーションセンター」3階の大会講室、中間発表会とは大幅に雰囲気の違う会場に、緊張も期待も高まります。
チームごとに代表者が一年間の活動の発表をし、先生方からのコメントをいただきました。どのチームにも、今日に至るまでの頑張りと、いろいろな思いがあったことでしょう。
壁一面には各チームの活動の記録が展示され、中には成果物をずらりと並べたチームもありました。3番目の写真の汽車は、「パプリカ」チームが小児科病棟の待合室のために作った、折り紙の展示台「パピエリカ」です。待合室の壁に設置するのと同様に、マグネットでくっついています。
2010年度のADPでは、大きく「アスパラガス」「アスレチックガーデン」「アートガーデン」「石匠の見世蔵」「ウォーターフロント」「エコステーション」「チェアマン」「つくばブルーベリー」「パプリカ」「フロンティアーズ」「ぼたん」「八潮エクスプローラー」「ADP10広報」の活動がありました。病院で活動するチーム、学校の環境を改善させるチーム、地域の方々と交流しながら各問題を解決していくチーム…内容は様々です。ここでは到底書き尽せません。学生が進んで問題を見つけて改善させていく、というデザイン的な内容であるため、やはり芸術専門学群の学生の参加率が高いようですが、全学群対象の授業なので、どの学群に所属している学生でも大歓迎です。
ADP10のページでは、それぞれのチームのメンバーが更新するブログがまとめられています。メンバー自らが綴る「生の」文章から、活動風景やイベントを垣間見ることができますよ。
今年度の活動はこれで完結です。筑波大学附属病院でワークショップなどを行うチーム「アスパラガス」などでは、メンバーが交代してもチーム自体は存続されますが、やはり年度ごとに活動内容は変わってきます。その時のメンバーが、問題をさがし、どうすればいいか話し合いながら活動を進めていくのです。
来年度は、一体どのような活動が展開されるのでしょうか。楽しみです。

[デザイン専攻2年 M.I]


【授業紹介】デザイン演習3(環境デザイン課題)最終プレゼンテーション

デザイン演習3 模型1

模型です!緻密によくできています

デザイン演習3 模型2

詳細模型もありました!人間がたくさんいます

デザイン演習3 講評中

プレゼンテーション&講評中…

2月3日に2年生が履修する「デザイン演習3」の最終プレゼンテーションが行われました。今回は環境デザイン領域の課題で、テーマは「つくばらしさをシンボライズするペデストリアン・デッキの空間演出」です。
ここで言う「ペデストリアン・デッキ(通称ペデ)」とは、筑波大学の一の矢宿舎を北端に、赤塚公園までを南北に結ぶ遊歩道のことです。総長なんと43km。その中から大学構内を除く任意のエリアを設定し、それぞれのコンセプトのもとに新しく生まれ変わったペデを提案しました!更に今回は3、4名ずつのグループワークということで、グループワークならではの利点も、苦労もたっぷりあった模様です。

どのチームも、「人ありきのデザイン」として動線やゾーニングなどを考えていました。3年生になると情報・プロダクト・環境・建築と、それぞれ異なる領域へ進みますが、まず「人」を大切にする視点を、より具体的に、深めていけると良いなと思いました。
今回先生方から、芸術系の学生の利点は「その場で手を動かして(描いて)アイディアを表現できること」なので、CADと手書き表現を上手く使い分けるように、とのお言葉をいだたきました。また、特に建築図面など、「教えてもらう」よりも「自分の表現のしたいもののために、必要なものを逐一、進んで学ぶ」ことが大切だとも知りました。

最後にグループワークについて、一人ずつ反省と感想を述べました。時間が合わなかったり、思うように意見が出せなかったり、まとまらなかったり。伝わったと思っていたことが実は伝わっていなかったり…一人で作業している分には出てこないはずの問題です。
しかしまた、そうして練られた設計案は、どれも一人では決して出てこないアイディアが詰まっていると実感しました。グループワークでは、他のメンバーの客観的な視点があることで、個人ワークのような突っ走り方は抑制されますし、グループ内で意見を出すために、自分の意見に説得力を持たせる必要も出てきます。良い意味での「個人の責任」の積み重ねが、グループ全体を良くしていけるのだとも思います。
先生の仰った通り、「努力は足し算、協働はかけ算」ですね!

さて、次回の課題はデザイン学生がほぼ必ず直面する…「ポートフォリオ」です。企業の就職試験に応募するという設定で、過去に制作した作品1点を紹介するポートフォリオを作成します。「見せ方」で作品の印象は大きく変わります。皆どのような工夫を見せてくるのでしょうか…!

[デザイン専攻2年 M.I.]


【授業紹介】デザイン演習2 展示と講評

10月9日から11日にわたって行われた大イベントと言えば…!筑波大学の学園祭「雙峰祭」ですね。その中の企画「芸術祭」では、私たち芸術専門学群生も、展示や模擬店、ワークショップなどを開催し、大いに盛り上がりました。
そんな中、右の写真のようにずらりと並んだ作品群。これこそ、先日キックオフイベントの記事でご紹介した「デザイン演習2」の、課題作品(kid’s size, kid’s life 3歳から5歳の生活を感性豊かにする家具)なのです。今回は皆、何分の1かに縮小した模型ではなく、実際に1:1スケールの家具を制作しました。
木材、グリッドコア、布、段ボール紙、アクリル…それぞれ自分が選んだ素材の特性を実感しながらの作業は、大変勉強になりました。この先、どんなに熟練した職人さんに依頼しても、自分の思い描くディティールが伝えられないということは、十分に想定できます。そういうときのためにも、プロダクトデザイナーは自分で形を表現できる能力を持っておくべきなのです。不器用な私も、もっと頑張らなくては…
そして、10日には展示会場にて、山中先生から1人1人講評していただきました。講評時間中、ちょうど対象年齢の子供から実際に家具を使ってもらえるという嬉しいハプニングもありました。
また、全体的にハイレベルだったとのお言葉をいただき、積み重ねた労力が報われた学生たちでした。
全体に共通することとして、プレゼンテーション用のパネルについてのご指導をいただきました。作品そのものだけでなく、パネルのグラフィックデザインも大変重要なのだと心に刻みました。また、「~しないように」を重ねるよりも「~できるから」という風に、ポジティブなプレゼンテーションができると良い、とも学びました。作品を活かすもダメにするも、プレゼンテーションの担う部分は大きいです。
形の在り方についてのお話も、大変ためになりました。「座る」行為を誘導する椅子の形、「入って遊ぶ」を誘導する形、「遊びたくなる」大きさ、ギミック…。この辺りは授業でよく耳にする「アフォーダンス」のことが浮かびます。人にある行動を促してしまう形の特性。考え込めば本当にどこまでも考えていけるような…やはりデザインは奥が深いですね。

[デザイン専攻2年 M.I.]

デザイン演習2 作品群

ずらりと並んだキッズファニチャー

デザイン演習2 講評中

公開プレゼンテーション・公開講評です。

デザイン演習2 子供登場

講評時間中、実際に子供に使ってもらえた作品も!


【授業紹介】デザイン演習2 キックオフイベント

まだまだ暑い日々が続いています。
3学期制である筑波大学の、夏休み最終日、8月31日に「デザイン演習2 キックオフイベント」が行われました。
9月2日から始まったデザイン演習2の、最初の課題は「kid’s size, kid’s life 3歳から5歳の生活を感性豊かにする家具」です。
しかし、「3歳から5歳」「身長120cm以下」の世界とは?学生の普段の生活では、なかなかピンと来ないものです。
そこで第1回目の授業に先行して、山中先生やキッズデザイン協議会の福島さん、ラボラトリー工房の田中さんのご厚意により、ラボラトリー工房を見学させていただけることになりました。
キノコのような可愛い椅子や、横にスタッキングできる椅子などもありました。国内材を使った、優しい木工プロダクトの数々。中でもここで、特にご紹介したいのが、ピーナッツのようなコロンとした形のスプーンです。(写真2枚目)
これは生まれて半年~1歳の子供のためのスプーンです。離乳食を食べさせようとしても、子供が上手く食べてくれない、食べこぼしてしまう…。多くの親御さんが直面する事態ですよね。そもそもこれは、上唇の力が弱く、口も小さい子供が「普通の」スプーンで食べさせられるにあたって当然のことと言えるわけです。このスプーンは、(大きい側が持ち手です)子供の小さな口にピッタリのサイズ。一度に口に運ばれる量も適量で、木の質感も気持ち良く、ポンと置いても食べる側が床面に着かないそう。
また、だらだらと長い時間をかけて非効率的に食べるストレスも無く、夜泣きの軽減にもつながるのでは、ということでした。いやはや、素敵ですね。
キッズデザインに携わる上で、安全性は勿論のこと、やはり「実際に子供の目線に立って見る・考える」ことは必要不可欠です。勿論これは子供に対してだけでなく、デザインの対象となる全てのユーザーについて言えることですね。

[デザイン専攻2年 M.I.]

k.o-01

田中さんの作品に囲まれ、いろいろなお話を伺いました。

first spoon

離乳食の時期の子供のための”first spoon”

工房にて

田中さん(右)に、実際に作業中の工房も見学させていただきました。


【活動紹介】ミューズガーデン改修グループ「オニワサンズ」

先日、店舗デザインの話についてに触れましたが、同じように授業外でのデザイン活動をしている学生たちは、まだまだたくさんいます。
今回は、筑波大学内にある庭「ミューズガーデン」の改修活動をしている学生たちに焦点を当ててみたいと思います。
それでは、改修活動を行っている学生グループ「オニワサンズ」のメンバーである、デザイン専攻2年生の多田さんのコメントをご紹介します。
– – – – – – –
筑波大学体芸棟の裏に、ミューズガーデンという庭があるのをご存知ですか。
私たちオニワサンズはミューズガーデンをもっと人が集まる楽しい場所にしようと、環境デザイン領域の鈴木先生のご協力をいただきながらミューズガーデン改修の活動を行っています。第一弾の活動は〝ハーブ園を作ろう!″。とはいってもメンバーはみんな造園や園芸に関して初心者です。ハーブ園のデザインや、植えるハーブの種類、造園の方法など、みんなで一から勉強して話し合いを重ねました。そうしてまとまったデザイン案をもとに、先生や友人に協力してもらいながら改修作業を行い、今まで殺風景だった畑にハーブ園が誕生しました。ハーブはまだまだ小さいですがこれからぐんぐん育ってきれいな花を咲かせてくれることでしょう。
もちろん私たちは改修作業だけではなく芝刈りや肥料やりなどの普段のお手入れも行っています。あまり大きくない敷地といっても自然を相手にする作業はなかなか大変です。ミューズガーデンがもっと素敵なお庭になるように、今後も楽しい活動を企画していきたいと思います。みなさんもぜひミューズガーデンを一度のぞいてみてください。
– – – – – – –
以上、多田さんからのコメントでした。実際にミューズガーデンへ足を運んでみると、スプリンクラーが回っていて、ハーブたちも幸せそうです。夏休みは明けましたが、まだまだ残暑が厳しい季節です。草むしりなどの作業も、重労働を極めることと思います。私たち一般学生も、出来る限りお手伝いしたいところです。改修して終わりではなく維持・管理などのアフターケアまできちんと行うことは、大変な労力を要しますが、とても大切なことですよね。貴重な経験になっていることと思います。何も無かったミューズガーデンを素敵な空間に成長させていく「オニワサンズ」の、今後の活躍にも大注目です!

[デザイン専攻2年 M.I.]

ミューズガーデンに変化が…!?

ミューズガーデンに変化が…!?

光る汗…

光る汗…

素敵なハーブ園に!

素敵なハーブ園に!