【授業紹介】デザイン演習1・発表会

夏休み直前の7月1日に、「デザイン演習1」の建築デザイン領域課題の最終プレゼンテーションが行われました。
今回のテーマは「つくば市内の子供を元気にする遊びの地域拠点施設(児童館)」です。
実際に児童館を見学し、設計するための敷地を決め、みんな思い思いのコンセプトをもつ児童館を設計しました。

部屋を壁で区切らず児童館全体を1つの繋がった空間として使ったり、人の行動や感じ方のスタイルに注目した造りであったりと、それぞれに魅力のある設計が目立ちました。
また、先生からは「図面を疎かにしない」ように注意されました。
実際の設計では、建築の専門家だけに自分のイメージを伝える訳ではありません。一般の人にも分かってもらうためにも、模型は大切です。
しかし、模型だけではなく、図面での表現力もまた大切です。魅力的な図面を提示することが出来てこそ、説得力も増すものです。
具体的には、スケールや利用イメージが湧きやすいように人を描き込んだり、周りの建物などを書き込むことで周囲との関係を明らかにしたり、といったことをするのです。

「もっと勝手な設計をすること」「夢を見ること」とも促されました。
建築にしろプロダクトにしろ、何だって夢のあるデザインって良いですね。

[デザイン専攻2年 M.I.]

すばらしい作品たち。

素晴らしい作品たち。

テクスチャーまで、細かいです。

テクスチャーまで、細かいです。

勉強中!

勉強中!


【活動紹介】店舗改装に携わる学生の紹介

筑波大学には、「ADP(大学を開く アート&デザインプロデュース)」という授業があることはご存知でしょうか。
全学群の生徒を対象とし、実践的なデザインを行っていく演習です。例えば病院の方々と話し合い、病院内の家具を作ったり、ワークショップを行ったりしています。

しかし、それとは別に、個人で集まってプロジェクトを引き受けている学生たちもいるのです。
今回は、そんな学生たちにも光を当ててみたいと思います。

何やら話し合いをしている学生たち…
実は、自家焙煎コーヒー豆と茶葉のお店、「まめぽっと」さんの改装をお手伝いさせてもらっています!
具体的には現在、看板作りを進めているところです。イメージスケッチの時点で突如リスのキャラクターが発生。ほのぼのとした世界が広がり始めました…。ちょっと足を運んでみたくなるような、優しく可愛い雰囲気の看板が出来上がると良いですね。

お店の方と話し合い、実際に必要とされるデザインについて考えることは、とても楽しく、やりがいがあります。
まだまだデザイナーのたまごで、時には周囲の方々に心配や迷惑をかけますが、こういった「デザインする喜び」を積み重ねていくことは大切なことだな、と実感します。
それぞれの学生が、将来どのようなデザインをしていくことになるのかは分かりません。デザイナーになっていないかもしれません。しかし今積み重ねている経験は、必ず未来の自分を形成する糧となっていくことでしょう。

[デザイン専攻2年 M.I.]

お店にてミーティング中

お店にてミーティング中

ブラッシュアップ会議。白熱!?

ブラッシュアップ会議。白熱!?

看板のイメージです

看板のイメージです


【授業紹介】デザイン演習 4A・4B 最終プレゼンテーション

 3年生が履修する、デザイン演習4A・4Bの最終プレゼンテーションが行われました。デザイン演習4A・4Bとは、情報、プロダクト、環境、建築デザインに関する演習で、4つの課題から1つの課題を選択して行います。

情報デザイン、プロダクトデザインの課題を選択する場合にはデザイン演習4Aを、建築士の資格に関わる、環境デザイン、建築デザインの課題を選択する場合にはデザイン演習4Bを履修します。ただし、4Aと4Bの最終プレゼンテーションは合同で行います。

 今年の課題のテーマは、情報デザイン領域は「音楽表現のためのインタフェース」、プロダクトデザイン領域の課題は「宇宙生活のためのプロダクトデザイン」、環境デザイン領域は「震災復興公園の再設計」、建築デザイン領域は「ミニマルコンプレックス」でした。

[デザイン専攻4年N.K.]

宇宙生活のためのプロダクトの発表

宇宙生活のためのプロダクトの発表

新しい音楽インタフェースの実演

新しい音楽インタフェースの実演


【展示】「学長を囲む会」で作品を展示

美術専攻の展示

美術専攻の展示

『学長を囲む会』の展示

 6月22日(火)に筑波大学長および学外からの来賓をお招きし芸術専門学群の見学会が行われました。

 6A棟のエントランスホールには美術専攻の作品が並び、教室には構成専攻とデザイン専攻の作品が展示がされました。

 教室に設置した竹で作ったブースには、アート&デザインプロデュースプロジェクトのアスレチックガーデン、TAG (Tsukuba Art Garden)project、eco-stationプロジェクト、ウォーターフロント、アスパラガスなどの作品が展示がされ場を華やかに彩りました。

デザイン専攻4年 [N.K.]

アート&デザインプロデュースの展示

アート&デザインプロデュースの展示

案内をする芸術専門学群長

案内をする芸術専門学群長


【授業紹介】デザイン演習1・発表会

5月27日に、2年生の授業「デザイン演習1」の建築デザイン課題の、最終プレゼンテーションが行われました。
課題内容は、先日ご紹介した「週末住宅」です。図面や模型、イメージ写真などを用いて、一人ひとり発表しました。その後、それぞれの作品についてお互いに検討しました。

先生方からは、「週末住宅」「100平米以内」といった少ないキーワードに対する、一人ひとりからの「回答」を得ることができた、というお言葉をいただき、ほっと一安心、と言ったところです。
確かに、これだけいろんな「週末住宅」の案があれば、学べることがたくさんあります。
例えば、模型写真の光の当て方、混構造の建築について、普通は避ける西日を意図的に東側の壁に当てた建築についてなど、一つの「週末住宅」を作っただけでは知ることのなかったような内容も学べ、なんだかお得な気分です。

また、課題を進めていくにあたって、お互いで議論することの大切さについても教わりました。
言葉にすること、絵を描くこと、様々な伝え方がありますが、どれも伝えることによって自分の考えを再確認することに繋がります。他の人の考えに触れることで、視野も広がりますしね。

さて、模型や図面に追われる日々から解放された…と思うのも束の間。
次回の授業からは、「つくば市内の子供を元気にする遊びの地域拠点施設(児童館)」の計画が始まります。
また楽しくなってきそうですよ。

[デザイン専攻2年 M.I.]

並べられた作品たち

並べられた作品たち

皆の作品を見て回ります

皆の作品を見て回ります

良いところをどんどん吸収!

良いところをどんどん吸収!