平成22年度 卒業研究

平成22年度(2010) 卒業生の卒業研究紹介

安中 仁美(あんなか ひとみ)

□論文題目
都市風景画におけるマチエールの可能性

□作品
「voyage」
油彩・アクリル 227 × 363cm

岩崎 薫 (いわさき かおる)

□論文題目
鴨居玲―深い精神性について―

□作品
「 ミュゲのように 」
油彩 182 × 358 cm

小山田 瑠奈 (おやまだ るな)

□論文題目
グラスゴー・ボーイズの絵画における装飾と人物

□作品
「魚たちの離宮 i /魚たちの離宮 ii」
アクリル・油彩 各194 × 194cm

神山 亜弓(かみやま あゆみ)

□論文題目
バロック絵画について

□作品
「one day 1/one day 2」
油彩 各162 × 130cm

新 直子  (しん なおこ)

□論文題目
19世紀末フランスにおける象徴主義

□作品
「赤く流るる」
油彩 227 × 364cm

田口 麻奈  (たぐち まな)

□論文題目
色彩の幻想性 ~モローとルドンの絵画から~

□作品
「ハナゾノ」
油彩 162 × 336cm

西脇 平 (にしわき たいら)

□論文題目
制作のノート ~構想から完成まで~

□作品
「ながなわ」
油彩 194cm × 260cm

原口 風花(はらぐち ふうか)

□論文題目
インドと絵画表現 ―原風景を求めて―

□作品
「風を結んで」
油彩・アクリル 228 × 364cm

福島 苑生  (ふくしま そのみ)

□論文題目
人物画におけるモデルの意味

□作品
「私の肖像」
油彩 162 × 336cm

古池 麻奈美 (ふるいけ まなみ)

□論文題目
アンドリュー・ワイエスのリアリズムについて

□作品
「夢現な少女」
油彩・テンペラ 194 × 259cm

星野 有紀 (ほしの ゆき)

□論文題目
絵画における女性美の表現についての考察

□作品
「コンコルディア」
油彩・テンペラ 227 × 363cm

本間 郁后 (ほんま いくみ)

□論文題目
人体のデフォルマシオン

□作品
「たちきる Break off /すがる Cling to」
油彩 各194 × 130cm

前東 美菜子 (まえひがし みなこ)

□論文題目
オディロン・ルドンの作品とその背景について

□作品
「無題/無題」
アクリル 162 × 162cm/162 × 130cm

水嶋 晴香 (みずしま はるか)

□論文題目
アウトサイダー・アートについての一考察

□作品
「neconoco-LIFE-」
油彩 194 × 261cm

水瀬 亜梨沙 (みずせ ありさ)

□論文題目
芸術作品における水の表現

□作品
「水中」
油彩 各194 × 130cm

武藤 はるか (むとう はるか)

□論文題目
自画像としての絵画表現

□作品
「ハンカチを拾いに」
油彩・アクリル 228 × 364cm

湯澤 美麻 (ゆざわ みま)

□論文題目
表現主題としての女性像

□作品
「碧向く」
油彩 194 × 261cm