投稿

芸術支援ジャーナル Art Writing 16号をウェブ上に公開しました Online publication of the journal “Art Writing” No.16


芸術支援の現場と未来を探るジャーナル Art Writing No.16をオンラインで公開しました。ここから公開ページへリンクします。

特別寄稿 芸術祭におけるアート×教育 Art and Education in Art Festivals
特集 北アルプス国際芸術祭 Northern Alps Art Festival
つくばアートメダルプロジェクト Tsukuba Art Medal Project

1 特別寄稿

04 芸術祭におけるアート×教育
北川 フラム KITAGAWA Fram

2 本誌について

07 アートライティングと教育
芸術を促進しているのか阻害しているのか
直江 俊雄 NAOE Toshio

09 コロナ禍における芸術支援活動と展示に関するアートライティング
吉田 奈穂子 YOSHIDA Nahoko

3  北アルプス国際芸術祭に関するアートライティング

学外演習事後報告

11 北アルプス国際芸術祭における空き家・空き店舗の活用とその課題
市川 結己 ICHIKAWA Yuki
宝田 紗和子 HOUDA Sawako

13 北アルプス国際芸術祭におけるガイドツアーの現状と展望
早川 綾音 HAYAKAWA Ayane

Workshop「筑波大生とみつけよう!バーチャル芸術祭の楽しみ方」事後報告

15 新たな視点で地域を見つめるワークショップの企画・実施
里村 亜呼 SATOMURA Ako

17 オンラインだからできること
小池 真莉 KOIKE Mari

Workshop「作品を見て考えよう 芸術でつながる大町の『いま』と『みらい』」事後報告

19 ウィズコロナ時代のワークショップとその舞台裏
松﨑 仰生 MATSUZAKI Aoi

21 鑑賞中のファシリテーターと生徒の対話の分析
嶋田 珠々 SHIMADA Suzu

4  アートメダルプロジェクトに関するアートライティング

23 手のひらの芸術 アートメダルの世界
宮坂 慎司 MIYASAKA Shinji

25 10 か国151 人による“Transformation”
「アートメダル国際交流展」を通して表現の多様性を考える
羽室 陽森 HAMURO Youshin

27 附属小・中学校・高校・大学、及び視覚特別支援学校
アートメダル制作と発表を通して見えてきたもの
小松 俊介 KOMATSU Shunsuke

Workshop「アートメダルを通したオンライン鑑賞会」事後報告

30 ワークショップで目指す、美術鑑賞の「多様性」
疋田 真彩 HIKITA Maya

32 検討と改善を繰り返して
江本 萌衣 EMOTO Mei

34 ICT を活用した鑑賞活動
白? 恵 SHIRATO Megumi

企画展示「アートメダルを通した小中高大の教育連携」  文部科学省情報ひろばにて5/27~7/12

「文部科学省 情報ひろば」旧庁舎「文部科学省 情報ひろば」旧庁舎3階の企画展示室において、企画展示「アートメダルを通した小中高大の教育連携」を下記の通り開催いたします。展示では、筑波大学附属小学校、中学校、高校、特別支援学校そして大学が連携して実施してきた教育活動を紹介いたします。
「つくばアートメダルプロジェクト」(TAMP)は、2019年に発足され、現在に至るまで、国内各地でアートメダルの展示やワークショップを実施してきました。本プロジェクトには、主に筑波大学の学生に加え芸術系教員、筑波大学附属小学校、中学校、高等学校、視覚特別支援学校の教員がかかわっており、それぞれの校種や専門から「アートメダル」とは何か、そしてその教育的意義や価値を考え、作品制作、教育実践を行ってきました。
2021年度はコロナ禍で作品を展示する機会と鑑賞する機会が減少していることから、作品展示に加え、バーチャル空間における作品鑑賞のためのオンラインコンテンツを作成しました。そして、そのコンテンツを使用した鑑賞ワークショップを、大学生が主体となって、高校生にオンラインで実施しました。
今回の展示では、主に2021年度に行った各実践をパネル展示により、取り組みの成果について紹介いたします。また、ブース内にアートメダルの展示も行っております。
ぜひ、お立ち寄りください。

1. 展示期間:令和 4 年 5 月27 日(金)~令和 4 年7 月 12 日(火)
2. 開館時間:平日10 時~18 時 ※入館は 17 時半まで
3. 展示会場:「文部科学省 情報ひろば」旧庁舎3階 企画展示室
※入場無料

アクセス
所在地  〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 旧文部省庁舎3階
交通  銀座線「虎ノ門駅」11番出口 直結
千代田線「霞ヶ関駅」A13番出口 徒歩5分
開館時間 月曜~金曜 10時~18時 入館は閉館の30分前まで
土曜日、日曜日、祝日、年末・年始休館
入館料  無料

 

第10回高校生アートライター大賞の公式ウェブサイトを開設しました Launch of the official website of the 10th Art Writer Award for High School Studetns


第10回高校生アートライター大賞の公式ウェブサイトを開設しました。

高校生アートライター大賞は、アートについて自分の言葉で考え、伝える力を育むエッセイのコンテストです。
第10回は2年間開催:2022年度は英語エッセイ、2023年度は日本語エッセイのコンテストを行います。

Launch of the official website of the 10th Art Writer Award for High School Studetns.

The Art Writer Award for High School Students is an essay contest on art.
It allows students to develop the ability to convey their ideas and think about art in their own words.
The 10th contest will be held for two years; essays in English in 2022 and essays in Japanese in 2023.

第9回高校生アートライター大賞日本語エッセイ 選考結果を公表しました Result of the Art Writer Award for High School Students , Essays in Japanese contest


高校生アートライター大賞選考委員会は日本語エッセイコンテストの最終結果を決定し、3編の大賞、17編の優秀賞、30編の入選、5校の学校賞を発表しました。

第9回高校生アートライター大賞日本語エッセイ
大賞(著者名のアルファベット順)
熊本県立第二高等学校 工藤絵花 美の記憶
岡山県立総社南高等学校 三谷原悠真 自分にとって芸術とは
秋田県立秋田高等学校 富田春菜 「伝わらない」ことを楽しむ

工藤絵花さんは、浜田知明の作品に焦点を当て、資料をよく調べた上で、独自の解釈を用いて深く迫りました。
三谷原悠真さんは、演劇創作の体験をもとに、舞台の情景と自らの心情に対峙する姿を的確に描き出しています。
富田春菜さんは、美術を制作する仲間との関係性を独特の距離感で伝え、制作体験のエッセイに新しい可能性を開きました。

第9回高校生アートライター大賞日本語エッセイ選考結果一覧はここからダウンロードできます。

The Selection Committee announced the result of the Essays in Japanese contest; Grand Prize (three entries), Award for Excellence (seventeen entries), Winning Entries (thirty entries), and School Award (five entries).

The Art Writer Award for High School Students, Essays in Japanese
Grand Prize winners (Alphabetical order)
KUDO Kaika, Memory of Beauty, Kumamoto Prefectural Dai-ni Senior High School, Japan
MITANIHARA Yuma, What is Art for Me, Okayama Prefectural Soja-minami Senior High School, Japan
TOMITA Haruna, Enjoy Being “Uncommunicative,” Akita Prefectural Akita Senior High School, Japan

List of all award winners in the Japanese essay contest of the 9th Art Writer Award for High School Students

高校生アートライター大賞企画展示 文部科学省情報広場にて2月8日まで


高校生アートライター大賞の取り組みを紹介する企画展示が、文部科学省情報広場にて開催されています。

高校生アートライター大賞は、筑波大学が開催するアートに関するエッセイのコンテストです。
芸術支援研究室の企画、芸術専門学群の主催で現在開催中の第9回には、英語エッセイ部門に24の国と地域から147編、日本語エッセイ部門には4か国から531編の応募がありました。

展示では、高校生アートライター大賞のこれまでのポスターや国内外からの優秀なエッセイをパネルや屏風仕立ての展示によって立体的に示すとともに、芸術を学ぶ世界の高校生へのメッセージを映像で発信します。

高校生アートライター大賞優秀作品集や、学生が取材執筆した芸術支援情報誌 Art Writing のバックナンバーのほか、芸術専門学群の卒業研究作品集やパンフレットなども配布しています。
芸術専門学群等をアピールする楽しい動画も上映していますので、ぜひお立ち寄りください。

高校生アートライター大賞ウェブサイト
https://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/~awa/

文部科学省情報広場ウェブサイト
https://www.mext.go.jp/joho-hiroba/sp/index.htm

企画展示「高校生アートライター大賞」世界の若者をつなぐ、アートに関するエッセイのコンテスト
開催期間 令和4年1月4日(火曜日)~ 令和4年2月8日(火曜日)


文部科学省情報広場 

所在地 〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 旧文部省庁舎3階
交通 銀座線「虎ノ門駅」11番出口 直結
千代田線「霞ヶ関駅」A13番出口 徒歩5分
開館時間 月曜~金曜 10時~18時 入館は閉館の30分前まで 土曜日、日曜日、祝日、年末・年始休館
入館料 無料