ARCUS PROJECT レクチャー&アーティスト・トーク 10月12日(水)

芸術支援コースでは、守谷市で行われているアーティスト・イン・レジデンス、アーカス・プロジェクトのディレクター、小田井真美さんと、滞在中のアーティストを招いて、特別講義を開催します。聴講自由です。どなたでもご参加ください。

レクチャー&アーティスト・トーク
ARCUS PROJECT
ARTIST IN RESIDENCE

小田井真美 (アーカスプロジェクト ディレクター)
ファザル・リズヴィ (レジデント・アーティスト)
ワイ・クエン・フイ (レジデント・アーティスト)

2011年10月12日水曜日 13:45-16:00 5C508
聴講自由(芸術支援コース特別講義)

アーカスレクチャーポスター(Web用)2

講演会「韓国の現代美術と教育」を7月9日(金)に開催

poster
特別講演会「韓国の現代美術と教育」を開催します。

2010年7月9日(金)
筑波大学 芸術学系棟2階 B203会議室
午前10:30〜12:00
※聴講自由
※日本語の通訳があります

「美術教育のICT活用」
魯 龍(ノ ヨン) 梨花女子大学校 教育大学院 指導教授

「韓国の現代美術の動向と模索」
朴 香淑(パク ヒャンスク) 梨花女子大学校 教育大学院 兼任教授

第3回 高校生アートライター大賞 募集

アートが好きな高校生から、自身の経験をもとにした「アートについての文章」を募集しています。アートについて、これまでに心動かされた経験を思い出してもいいですし、書く題材がないと思ったら、今から体験しに出かけてみてはいかがでしょう。その時に感じたり、考えたことを文章にして伝えてください。今回募集しているのは下記の3部門です。

・制作体験:自分が作品をつくった体験をもとに書く
・作品研究:アーティストがつくった作品について書く
・芸術支援:アートと人々の交流について書く

この中から書きたい部門を選び、自分で題材を見つけて書いてください。どんなものを「アート」と呼ぶのかについては、中学校・高等学校の美術教科書に掲載されている内容等を参考に、自由に判断してください。

  • 課題
  • アートについて経験したことをもとに、自分の考えを伝える文章を書いてください。

  • 大賞3名 優秀賞20名 学校賞 入賞者には賞状と副賞を贈呈します。

  • 書式
  • 日本語で2000字以内。アートライター大賞のホームページからダウンロードしたファイル(ワード)にコンピュータで入力してください。図版を入れる場合はJPEG画像等を直接貼り込んでください。執筆にあたって参考にした文献・資料名は必ず記入してください。

  • 提出方法
  • 応募原稿は応募票(アートライター大賞ホームページよりダウンロード)と共に電子メールに添付して提出してください。

  • 応募締切
  • 2009年10月26日(月)午後5時到着分まで(締切が19日から26日に延びました)

※ホームページでは、詳しい応募規定や原稿・応募票書式(ワードファイル)、執筆のヒントになるガイドブックなどがダウンロードできます。応募する際は必ず参照してください。

アートライター大賞ホームページhttps://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/~awa/
提出・問い合わせ電子メールアドレス(高校生アートライター大賞事務局)awa@www.geijutsu.tsukuba.ac.jp

主催:筑波大学大学院人間総合科学研究科芸術専攻

第3回アートライター大賞

第3回アートライター大賞