投稿

芸術系国際交流協定校への交換留学(派遣)の応募

2020-2021芸術系国際交流協定校への交換留学(派遣)の応募方法

 

下記6校の国際交流協定校について、芸術専門学群及び人間総合科学学術院博士前期・後期課程芸術専攻に所属する学生を対象(バルセロナ大学は大学院まで広げる交渉中)に、来年度の短期派遣(1年以内)を希望する方を募集します。本来、応募月は任意であり、毎月末に応募を締め切り、翌月に面接というスケジュールですが、下記6校に関しては、希望者が多数の場合を想定し、公平な審査を行う為に今回に限定して募集致します。

①バルセロナ大学(スペイン)

②スウェーデン王立美術大学(スウェーデン)

③ヘルシンキ芸術大学美術アカデミー(フィンランド)

④国立台湾芸術大学(台湾)

⑤ストラート・デザイン大学(フランス)

⑥国立台湾科技大学(台湾)

連絡調整責任者 ①山本早里 ②③田島直樹 ④太田圭 ⑤小山慎一 ⑥山田協太

 

留学を希望する学生は、留学先の大学の連絡調整責任者の教員に申し出て面談を受け、研究分野の条件、留学の具体的時期、語学能力にかかわる応募資格(TOEFL, IELTSなど)について確認した上で、1215日(火)15時までに応募書類を提出してください。応募に際しては、担任の教員または指導教員にもその旨必ず報告してください。1月中~下旬に面接審査を行います。

なお、来年度の海外留学に対する主たる奨学金である「トビタテ留学JAPAN(文部科学省)」や「はばたけ!筑大生」は現在募集を延期しており、来年度の募集については未定です。また、新型コロナウイルス感染症の影響により来年度の海外留学は中止になる可能性もありますので、その旨ご承知ください。

 

<応募書類>

①応募用紙(こちらよりダウンロードしてください→2020交換留学応募用紙

②留学計画書(和文)

③留学計画書(現地で用いる言語にて)

④成績証明書

⑤語学力証明書のコピー

⑥ポートフォリオ

<応募締切と書類提出先>

  • 12月15日(火)15時 [厳守のこと]
  • 体育芸術エリア支援室エリアコモンズ

<選考時期と選考方法>

  • 1月中~下旬(具体的な日程は応募者に別途連絡します。)
  • 書類審査および口述試験により選考

<審査結果>

  • 1月末(直接応募者に連絡します。

 

※短期留学に関する全般的な質問については下田一太(shimoda(a)heritage.tsukuba.ac.jp)までご連絡ください。

※ヘルシンキ芸術大学美術アカデミーでは、本学で行われる面接に加え、現地教員による二次選考(英語による願書、ポートフォリオを3月末までに提出)があります。詳しくは連絡調整責任者・田島までメール願います。

国際交流協定校バルセロナ大学への短期派遣留学の募集について[2021年2月派遣開始分]

学生の皆さんへ

 

芸術専門学群に所属する学生を対象に、国際交流協定校バルセロナ大学への短期派遣(1年以内)を希望する学生を募集します。

申請を希望する学生は、連絡調整責任者である山本早里先生に申し出て面談を受け、研究分野の条件、留学の具体的時期、語学能力にかかわる応募資格(TOEFL, IELTSなど)について確認した上で、応募書類を受け取り、以下の期日までに応募してください。応募に際しては、クラス担任または指導教員にもその旨必ず報告してください。10月中旬までに面接審査を行います。

なお、新型コロナウイルスの影響により、文部科学省によるトビタテや筑波大学によるはばたけ等の留学支援は現在見合わせの状態となっており、来年2月からの派遣留学にあたっては全額私費での渡航になります。加えて、スペインの危険レベルが1以下となるまでは、学生の渡航はできないことを了承ください。詳細は以下の指針を確認してください。

「海外での危機発生時における学生及び教職員の渡航に関する指針について」

http://www.tsukuba.ac.jp/students/pdf/otn-sisin.pdf

 

<応募書類>

①応募用紙 ②留学計画書(和文) ③留学計画書(英語)④成績証明書 ⑤語学力証明書のコピー ⑥ポートフォリオ

<応募締切と書類提出先>

9月25日(金)15時 [厳守のこと]

連絡調整責任者 山本早里

<選考時期と選考方法>

10月中旬まで(具体的な日程は応募者に別途連絡します。)

書類審査および口述試験により選考

<審査結果>

10月下旬頃(直接応募者に連絡します。)