• アートを通じての交流

コンセプト

 

CAIR(Campus Artist in Residence)の目的は、アートを介した相互作用によって様々な人々の世界を広げること。「相互作用」と、このプロジェクトは切っても切れない関係にあります。

ロゴ上段では、●×I=という数式を用いて、異なる文化を背景に持つ者同士の掛け合わせが表現されています。

このプロジェクトが、筑波大学内において異文化交流の起点・発信の場になることを目指し、

上段と下段が調和し、全体として一つのマークとして認識できることを目標としています。

 

カラー

 

プロジェクトカラーの黄色は、活発・新しさ・交流のイメージを表しています。

明るく開かれた場でありながら、常に新しい表現や可能性が生まれていくことを目指すという

プロジェクトの意思を伝えられるのではないかと考えています。