投稿

つくばイノベーションテラスの展示空間デザインを学生が行いました!

9月28・29日に行われたイノフェス2019(INNOVATION WORLD FESTA 2019)で、テクノロジーとイノベーションを体験できる体験型展示エリア「つくばイノベーションテラス」が行なわれました。

その展示空間のデザインを、デザイン専攻2年生の須永珠里さんを中心に環境デザイン、建築デザイン、情報・プロダクトデザイン、クラフトらの学群生・大学院生が担当しました。

「彩森の環境・TSUKUBAから生まれる最新のイノベーション」をコンセプトとし、筑波大学キャンパスや筑波山地から生まれた木材や緑を用いて展示空間をデザインしました。

情報・プロダクトデザインの内山研究室の作品も展示されました。

 

会場の様子 その1

会場の様子 その2

休憩・談笑スペース

情報・プロダクトデザイン4年生の樫村京さんの作品「ロボットボット」

「ビー玉テレビジョン」の説明をする内山先生

【環境デザイン】土浦市役所で学生の作品を展示しています!

7月5日から2週間、土浦市役所1階ロビーの一角で、環境デザインの学生の作品(模型と図面パネル)を展示し、市民に公開しています。

展示されているのは、学群3年生対象の環境デザイン演習1の成果物です。

今年の課題は、つくば市に隣接する土浦市の亀城公園(土浦城址)に美術館的機能を付与して再整備する計画で、10週間の課題でした。

 

4月12日に出題とともに現地で課題の確認をしました。

その後、毎週、授業で進捗状況の確認とチェック。

途中、自身の考えが妥当であるか、現地に行って原寸で確認しました。

また、実測調査もしました。

 

学生たちの提案をぜひ見に来てくださいね!

 

展示の様子(その1)。

展示の様子(その2)。

現地に行って、自身の考えの妥当性を原寸で確認しました。

亀城公園での実測調査も行いました。水深を確認しているところです。

【授業紹介】環境デザイン演習1・建築デザイン演習1

本日(2019年6月28日)は、環境デザイン演習1と建築デザイン演習1の合同発表・講評会がありましたので、その様子をご紹介します。

 

環境デザイン演習1の課題は、美術館的要素を含んだ都市公園のデザインでした。

 

 

 

建築デザイン演習1の課題は、集合住宅でした。

 

【環境デザイン】茨城県フラワーパークに学生作品を展示中

茨城県フラワーパークで開催中のバラまつり(会期:2019年5月15日〜6月23日)に、環境デザインの学生の作品が展示されています。

展示されているのはミニチュアローズを植えたジオラマ風の鉢植えです。

作品の一部をご紹介します(この他の作品も展示されています)。

伊藤梨沙さん(大学院博士前期課程1年)、浦川京子さん(芸術専門学群4年)、水畑日南子さん(芸術専門学群4年)のつくったミニチュアローズとオブジェのコラボレーションの実物を現地でぜひ楽しんでください。

 

浦川さんの作品

水畑さんの作品

伊藤さんの作品

【授業紹介】デザイン特別演習1

デザイン特別演習は、情報・プロダクトデザイン、環境デザイン、建築デザインの学生(学群4年生)が卒業研究(卒業論文・卒業制作)の指導を受けるゼミナール形式の授業です。

本日(2019.5.23)は、環境デザイン・建築デザインの中間発表会がありました。

学群生だけではなく、大学院生も参加します。