芸術系研究倫理委員会

芸術系では、筑波大学におけるヒトを対象とする研究の倫理に関する規則に基づき、系で行うヒトを対象とする研究にかかる事項を審議するため、芸術系研究倫理委員会を設置しています。
ヒトを対象とする研究(アンケート調査、実験調査等)を実施する研究責任者および研究分担者は、原則系長が主催又は指定した芸術系研究倫理研修会を受講する必要があります(有効期間は受講月の属する年度及び翌年度)。
委員会は月1回開催され、本ページ下部の申請書等による審議を実施しております。申請書は余裕をもって提出して下さい。

筑波大学におけるヒトを対象とする研究の倫理に関する規則
筑波大学「研究倫理教育」及び「研究資料等の保存」に関するガイドライン等について

芸術系研究倫理研修会

2019年度芸術系研究倫理研修会は、以下の通りに開催いたします。
日時:4月24日(水)13:45~15:00
場所:5C213大講義室
内容:
・人を対象とした研究における倫理的配慮
・研究倫理における利益相反について
・芸術系研究倫理委員会から
・その他
芸術系研究倫理研修会通知

 

やむを得ない事情等により上記研修会を受講することができなかった場合は、CITI Japanプログラムによるeラーニングの「01 責任ある研究行為:基盤編」(7単元)を履修し、修了することにより研究倫理研修会の受講に代えることができます。

芸術系研究倫理研修会未受講者の対応等に関する申合せ
研究倫理e-ラーニング修了届出

芸術系研究倫理委員会 申請書類等

(様式1)研究倫理審査申請書.docx
(様式1)実施計画書(記載例)H24.1.19.docx
(様式2-1)研究倫理審査申請書(健常者臨床研究倫理審査用).docx
(様式2-2)研究実施計画(介入研究用).docx
(様式2-3)研究実施計画(観察研究用).docx
(様式3)迅速審査申請書(共同研究実施計画).docx
(様式4)実施計画変更申請書‘.docx
(様式10)終了届.docx
説明文・同意書(ひな形).xls
利益相反自己申告書様式2(教職員用).doc
同意撤回書.doc

最終更新日:平成31年4月17日(水)