佐野 広章

SANO Hiroaki

博士後期3年(芸術専攻)
3rd year of Doctoral Program in Art and Design

研究テーマ Research Title

清宮質文研究

– 再現実験から考察する木版画技法の表現効果 –

Research on Seimiya Naobumi

– Expressive Effects of Woodblock Printing Technique Based on Reproduction Experiments –

作品解説 Statement

凛とした姿で前進する生物を描いています。植物が風に揺らぎ隙間から見える景色が変わった時に一瞬姿を現す生物。自分にだけ見えた何か。自分のような何か。消えようとする情緒を画面に留めます。

My work depicts a creature that advances, that seems dignified. Something that appears for just a moment, like a plant, a being, fluctuates in the wind, and the landscape seen through it changes. Something that only I could see. Something like me. Save on the screen the emotions that are about to disappear.

佐野 広章

経歴

1972      埼玉県出身

1997      多摩美術大学美術学部絵画科版画専攻卒業

1999      多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻修了

2019      筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻入学

現在       同大学院博士後期課程3年次在学中



※経歴・活動は2021年12月現在のもの

主な活動

【受賞歴】

2004      FABIO BERTONI” INTERNATIONAL ENGRAVING AWARD 5th EDITION『Third Prize』(イタリア)

2005      飛騨高山木版画ビエンナーレ『協賛賞』

2005      プリンツ21グランプリ展『スポンサー賞』

2005      第73回日本版画協会展『準会員佳作賞』

2009      2nd Guanlan International Print Biennial 2009『Guanlan International Print Prize』(中国)

2017      第61回CWAJ現代版画展『2017年CWAJ現代版画展賞』

【個展】

2008,10,12,14,16,18, 20  養清堂画廊(銀座)

2008     GALLERY EARTH BISION(横浜)

2018     ギャラリー ART G(高崎)

【収蔵】

国際版画美術館(町田)、多摩美術大学美術館(多摩センター)、雪梁舎美術館(新潟)、Fermignano city(Italy)、Silpakorn University Art Museum(Thailand)、Guanlan Culture and Art center/(中国/深圳)、Ploiesti Art Museum(Romania)、Collection of the International Print Biennale Yerevan(Armenia)