DC展について

About DC Exhibition

本展は、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻および人間総合科学学術院人間総合科学研究群芸術学学位プログラム(博士後期課程)に在学する学生のうち、制作研究を主とする学生の研究成果を公開する作品展です。

「DC」とは、博士後期課程を指す“Doctoral Course”の略です。平成19年度の大学院の改組再編により、“Doctoral Course”(人間総合科学研究科芸術学専攻(博士課程5年一貫制))から“Doctoral Program”(人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻)に改称されましたが、その後も「DC展」の名称を引き継いで展覧会を行って参りました。令和2年度の学位プログラム化後においても同じ名称を継承しています。

2019年度までは毎年11月半ばにつくば美術館で開催しておりましたが、昨年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から美術館での開催を中止し、今年度においては、来場者を限定し学内での展覧会開催(2021.11/15~12/2)となりました。

今年度の展覧会は本学の職員、学生のみへの限定公開であったため、少しでも多くの方々にDC展を知っていただくため、この度ウェブ上で博士後期課程の学生の作品を公開することとなりました。

今後も博士後期課程の学生の作品や研究活動を、国内外に広く発信していきます。

The Doctoral Programs in Art and Design are part of the Graduate School of Comprehensive Human Sciences and the Degree Programs in Comprehensive Human Sciences at the University of Tsukuba. Students’ works enrolled in the Doctoral Programs in Art and Design were exhibited in this exhibition as part of their practice for research.

“DC” stands for “Doctoral Course,” which refers to the name of the program before it was renamed as ” Doctoral Program.” We have continued to use the “DC Exhibition” name through the years.
Until 2019, it was held at the Tsukuba Museum of Art in mid-November every year. Last year’s exhibition was canceled to prevent the spread of COVID-19.
This year’s exhibition was limited to visitors from the university community (2021.11/15 to 12/2). To disseminate the work of doctoral students, we are publishing them on the web to make the DC exhibition known to as many people as possible.
We will continue to disseminate doctoral students’ works and research activities in Japan and overseas.

2022年 3月

博士後期課程芸術専攻長 長田年弘

芸術学学位プログラムリーダー 仏山輝美

March 2022

Toshihiro Osada, Chairman of the Doctoral Program in Art & Design

Terumi Hotokeyama, Program Leader of Degree Programs in Art

© Copyright - Art and Design, University of Tsukuba