陶磁造形演習陶磁造形演習陶磁造形演習陶磁造形演習陶磁造形演習陶磁造形演習陶磁造形演習陶磁造形演習

陶磁造形演習

Exercises: Ceramics

授業概要:
土(粘土)から陶磁へ変化するシステムの理解と応用をテーマとして、工芸的造形の立場から作品の理論づけと作品制作を行う。
課題:
(1)工芸現想及び金子賢治著『現代陶芸の造形思考』等のレビュー
産業を離脱した現代の作陶による表現の歴史的基盤と作家個別の造形性を論者がどのように捉えて、文章化しているのかを抽出する。*レビューの方法
①主題 ②背景 ③内容 ④結論(論者の)→ 以上の ⑤知見(発表者の)レジュメにまとめ、授業で発表する。発表者以外もテキストを必ず読んでくること。
(2)作品制作
作陶(土から陶磁へ変化するとは如何なる営みであるか)を考え、土の特性と造形の可 能性とを模索し、自らの発見をテーマに据えて作品制作(実験)を試みる。
3.評価
レビュー発表、授業での議論、作品制作、制作報告書(テーマ設定から制作に至るプロセスをまとめたもの)を総合的に評価する。

Exercises: Ceramics

授業概要:
土(粘土)から陶磁へ変化するシステムの理解と応用をテーマとして、工芸的造形の立場から作品の理論づけと作品制作を行う。
課題:
(1)工芸現想及び金子賢治著『現代陶芸の造形思考』等のレビュー
産業を離脱した現代の作陶による表現の歴史的基盤と作家個別の造形性を論者がどのように捉えて、文章化しているのかを抽出する。*レビューの方法
①主題 ②背景 ③内容 ④結論(論者の)→ 以上の ⑤知見(発表者の)レジュメにまとめ、授業で発表する。発表者以外もテキストを必ず読んでくること。
(2)作品制作
作陶(土から陶磁へ変化するとは如何なる営みであるか)を考え、土の特性と造形の可 能性とを模索し、自らの発見をテーマに据えて作品制作(実験)を試みる。
3.評価
レビュー発表、授業での議論、作品制作、制作報告書(テーマ設定から制作に至るプロセスをまとめたもの)を総合的に評価する。

Exercises: Ceramics

授業概要:
土(粘土)から陶磁へ変化するシステムの理解と応用をテーマとして、工芸的造形の立場から作品の理論づけと作品制作を行う。
課題:
(1)工芸現想及び金子賢治著『現代陶芸の造形思考』等のレビュー
産業を離脱した現代の作陶による表現の歴史的基盤と作家個別の造形性を論者がどのように捉えて、文章化しているのかを抽出する。*レビューの方法
①主題 ②背景 ③内容 ④結論(論者の)→ 以上の ⑤知見(発表者の)レジュメにまとめ、授業で発表する。発表者以外もテキストを必ず読んでくること。
(2)作品制作
作陶(土から陶磁へ変化するとは如何なる営みであるか)を考え、土の特性と造形の可 能性とを模索し、自らの発見をテーマに据えて作品制作(実験)を試みる。
3.評価
レビュー発表、授業での議論、作品制作、制作報告書(テーマ設定から制作に至るプロセスをまとめたもの)を総合的に評価する。

Exercises: Ceramics

授業概要:
土(粘土)から陶磁へ変化するシステムの理解と応用をテーマとして、工芸的造形の立場から作品の理論づけと作品制作を行う。
課題:
(1)工芸現想及び金子賢治著『現代陶芸の造形思考』等のレビュー
産業を離脱した現代の作陶による表現の歴史的基盤と作家個別の造形性を論者がどのように捉えて、文章化しているのかを抽出する。*レビューの方法
①主題 ②背景 ③内容 ④結論(論者の)→ 以上の ⑤知見(発表者の)レジュメにまとめ、授業で発表する。発表者以外もテキストを必ず読んでくること。
(2)作品制作
作陶(土から陶磁へ変化するとは如何なる営みであるか)を考え、土の特性と造形の可 能性とを模索し、自らの発見をテーマに据えて作品制作(実験)を試みる。
3.評価
レビュー発表、授業での議論、作品制作、制作報告書(テーマ設定から制作に至るプロセスをまとめたもの)を総合的に評価する。

Exercises: Ceramics

授業概要:
土(粘土)から陶磁へ変化するシステムの理解と応用をテーマとして、工芸的造形の立場から作品の理論づけと作品制作を行う。
課題:
(1)工芸現想及び金子賢治著『現代陶芸の造形思考』等のレビュー
産業を離脱した現代の作陶による表現の歴史的基盤と作家個別の造形性を論者がどのように捉えて、文章化しているのかを抽出する。*レビューの方法
①主題 ②背景 ③内容 ④結論(論者の)→ 以上の ⑤知見(発表者の)レジュメにまとめ、授業で発表する。発表者以外もテキストを必ず読んでくること。
(2)作品制作
作陶(土から陶磁へ変化するとは如何なる営みであるか)を考え、土の特性と造形の可 能性とを模索し、自らの発見をテーマに据えて作品制作(実験)を試みる。
3.評価
レビュー発表、授業での議論、作品制作、制作報告書(テーマ設定から制作に至るプロセスをまとめたもの)を総合的に評価する。

Exercises: Ceramics

授業概要:
土(粘土)から陶磁へ変化するシステムの理解と応用をテーマとして、工芸的造形の立場から作品の理論づけと作品制作を行う。
課題:
(1)工芸現想及び金子賢治著『現代陶芸の造形思考』等のレビュー
産業を離脱した現代の作陶による表現の歴史的基盤と作家個別の造形性を論者がどのように捉えて、文章化しているのかを抽出する。*レビューの方法
①主題 ②背景 ③内容 ④結論(論者の)→ 以上の ⑤知見(発表者の)レジュメにまとめ、授業で発表する。発表者以外もテキストを必ず読んでくること。
(2)作品制作
作陶(土から陶磁へ変化するとは如何なる営みであるか)を考え、土の特性と造形の可 能性とを模索し、自らの発見をテーマに据えて作品制作(実験)を試みる。
3.評価
レビュー発表、授業での議論、作品制作、制作報告書(テーマ設定から制作に至るプロセスをまとめたもの)を総合的に評価する。

Exercises: Ceramics

授業概要:
土(粘土)から陶磁へ変化するシステムの理解と応用をテーマとして、工芸的造形の立場から作品の理論づけと作品制作を行う。
課題:
(1)工芸現想及び金子賢治著『現代陶芸の造形思考』等のレビュー
産業を離脱した現代の作陶による表現の歴史的基盤と作家個別の造形性を論者がどのように捉えて、文章化しているのかを抽出する。*レビューの方法
①主題 ②背景 ③内容 ④結論(論者の)→ 以上の ⑤知見(発表者の)レジュメにまとめ、授業で発表する。発表者以外もテキストを必ず読んでくること。
(2)作品制作
作陶(土から陶磁へ変化するとは如何なる営みであるか)を考え、土の特性と造形の可 能性とを模索し、自らの発見をテーマに据えて作品制作(実験)を試みる。
3.評価
レビュー発表、授業での議論、作品制作、制作報告書(テーマ設定から制作に至るプロセスをまとめたもの)を総合的に評価する。

Exercises: Ceramics

授業概要:
土(粘土)から陶磁へ変化するシステムの理解と応用をテーマとして、工芸的造形の立場から作品の理論づけと作品制作を行う。
課題:
(1)工芸現想及び金子賢治著『現代陶芸の造形思考』等のレビュー
産業を離脱した現代の作陶による表現の歴史的基盤と作家個別の造形性を論者がどのように捉えて、文章化しているのかを抽出する。*レビューの方法
①主題 ②背景 ③内容 ④結論(論者の)→ 以上の ⑤知見(発表者の)レジュメにまとめ、授業で発表する。発表者以外もテキストを必ず読んでくること。
(2)作品制作
作陶(土から陶磁へ変化するとは如何なる営みであるか)を考え、土の特性と造形の可 能性とを模索し、自らの発見をテーマに据えて作品制作(実験)を試みる。
3.評価
レビュー発表、授業での議論、作品制作、制作報告書(テーマ設定から制作に至るプロセスをまとめたもの)を総合的に評価する。