日本心理学会シンポジウム「過敏・過剰の神経心理学」開催報告

「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業(日本学術振興会からの委託事業)」の一環として、小山教授および中央大学文学部緑川晶教授が共同で日本心理学会第84会大会(9月8日~11月2日 東洋大学オンライン開催)にてシンポジウムを開催いたしました。演者および演題は下記の通りです。 SS-045 過敏・過剰の神経心理学 [企画代表者,話題提供者] 小山 慎一 筑波大学 [企画者,司会者] 緑川 晶 中央大学 [話題提供者] 西尾 慶之 東京都立松沢病院 [話題提供者] 高橋 康介 中京大学 [話題提供者] 井手 正和 国立障害者リハビリテーションセンター研究所 [シンポジウム要旨] 脳機能イメージングの研究によって,片頭痛における大脳皮質視覚野の過剰興奮性(hyperexcitability)など,特定の感覚症状と特定の脳部位における過剰な脳活動との関係が明らかになりつつある。さらに,GABAなどの神経伝達物質の働きに着目した研究により過剰な脳活動が生じる仕組みについても理解が深まりつつある。これらの過剰な脳活動についての研究と症状と脳損傷部...
Read More

学会発表報告(第22回日本感性工学会大会)

第22回日本感性工学会大会(9月9日~11日 中央大学オンライン開催)にて博士後期課程2年のSong Nanxinさんと博士前期課程2年の胡浩燁さんが研究成果を発表いたしました。詳細は下記の通りです。   Nanxin Song, Haoye Hu, Shinichi Koyama: Pupillary response to dot patterns on the face in trypophobic vs. control groups Haoye Hu, Nanxin Song, Shinichi Koyama: Gaze patterns toward dots on the face in trypophobic vs. control groups   学会ホームページ: https://www.jske.org/taikai/jske22
Read More

Best Paper Award 受賞(KEER2020)

The 2020 International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research (KEER 2020)(9月7日~9日 中央大学オンライン開催)にて博士後期課程2年のSong Nanxinさん,博士前期課程2年のHaoye Hu さん,小山教授の発表が Best Paper Award を受賞しました.Nanxin Song, Haoye Hu and Shinichi Koyama: Pupillary Response to Dot Patterns on the Face
Read More

学会発表報告(KEER2020)

The 2020 International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research (KEER 2020)(9月7日~9日 中央大学オンライン開催)にて博士後期課程2年のSong Nanxinさんが研究成果を発表いたしました。詳細は下記の通りです。   Nanxin Song, Haoye Hu and Shinichi Koyama: Pupillary Response to Dot Patterns on the Face   学会ホームページ: https://www.keer.org/index.html
Read More

論文掲載報告(International Journal of Affective Engineering)

千葉大学との共同研究の成果が International Journal of Affective Engineering 誌に掲載されました。 The Effects of Aroma on Product Experience- Analyzing the Product Experience of the Toy Blocks with Different Aromas -: Yue Pan, Shinichi Koyama, Ayako Nagase, Kenta Ono, Makoto Watanabe. International Journal of Affective Engineering, 19, p. 1-10 (2019) DOI https://doi.org/10.5057/ijae.IJAE-D-18-00036
Read More

論文掲載報告(Urban Forestry & Urban Greening)

千葉大学永瀬彩子先生との共同研究の成果が Urban Forestry & Urban Greening 誌に掲載されました。 Attractiveness and preference of extensive green roofs depend on vegetation types and past experience with plants in Japan. Ayako Nagase & Shinichi Koyama. Urban Forestry & Urban Greening, Available online, 2020. https://doi.org/10.1016/j.ufug.2020.126658
Read More

論文掲載報告(外来小児科)

医学医療系・涌水理恵先生との共同研究の成果が「外来小児科」に掲載されました。 涌水理恵, 三木明子, 齋藤誠, 大戸達之, 福島敬, 今井博則,  前野哲博, 桒原雛子, 小山慎一, 黒木春郎 : 小児医療現場における患者・家族からの暴言・暴力・セクハラ・嫌がらせの実態と対策. 外来小児科, 22(4), pp.452-461, (2019)
Read More

筑波大学「ORCID説明会」にて講演いたしました

小山教授が筑波大学研究推進部・学術情報部主催のORCID説明会(12月20日筑波大学大学会館)にて講演いたしました。   ORCID説明会ホームページ: https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/lib/ja/information/20191028 当日の講演資料はこちらからダウンロードできます(つくばリポジトリ): https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_opensearch&index_id=7788
Read More

研究会発表報告(第11回多感覚研究会)

第11回多感覚研究会(12月14日~15日 立教大学池袋キャンパス)にて博士後期課程1年の Nanxin Song さんが発表いたしました。詳細は下記の通りです。   Nanxin Song and Shinichi Koyama: Disgust towards dots on the face can be reduced by depth perception between the dots and the face   第11回多感覚研究会ホームページ: https://sites.google.com/view/multisensejapan
Read More