学位プログラムリーダー挨拶

学位プログラムリーダーからのご挨拶

仏山 輝美
芸術系 教授

本学は、令和2年度より、従来の組織の壁を越えて幅広い学問分野の教員が協働して教育にあたることができるよう学位プログラムを中心とした教育システムに移行しました。従来の枠組みを越えた教育研究を展開し、急激に変化し複雑な課題を抱える現代社会において、高度化し多様化する人材養成のニーズに的確に応えることが期待されています。

芸術学学位プログラムは、幅広い視野で造形芸術に関わる理論・実技の専門研究を行い、高度な技能と実際的な応用能力・企画力によって、今日の造形芸術の多様な展開に対応し、社会において指導的役割を果たすことのできる高度専門職業人・研究者を育成します(博士前期課程)。また、造形芸術に関する創造的な研究能力を有し、卓越した専門的知識と実技能力によって、社会の様々な領域に貢献しうる研究者、および、確固たる教育能力と研究能力を有する大学教員を養成します(博士後期課程)。

当該領域における専門的知識・技能を深化させるとともに、幅広い知見のもと主体的に課題を発見し、創造的かつ独創的に研究を展開する能力を培い、意義や目的を明確に示しながら的確な方法によって当該領域の進展に寄与しうる研究成果を導く手立てを確立してほしいと願っています。

学位プログラムリーダー 仏山 輝美

© Copyright - Art and Design, University of Tsukuba