芸術支援領域

芸術による人間性回復と芸術の社会的役割の追究を目指し、社会における芸術支援活動の企画・運営・教育普及等において指導的な役割を果たす力ある人材を育成する。平成19年度博士前期課程発足とともに設置された新領域である。専門科目としては、「芸術支援学特講」「美術論特講」などの美術館や展覧会に関わる理論、「芸術教育方法論」など芸術教育に関わる理論等の習得とともに、筑波大学所蔵美術コレクション等を活用した展示企画に関わる授業(「芸術支援学演習」)や、教育支援活動の実際に関わる授業(「芸術学習支援論」)などを受講することができる。これらの特色あるカリキュラムの履修を通して、芸術と人間の幸福や成長との関わりを考え、理論と実践の両面からの課題に取り組み、その基礎の上に、各自の研究課題を通して、新しい芸術支援のあり方を探究することを目指していく。

修了生の進路

美術館・博物館学芸員、芸術文化団体職員、中学・高等学校・大学教員、そのほか民間・公的機関を問わず専門能力を生かした芸術支援の実践者・研究者。また、博士後期課程において専門的な研究者の道に進むこともできる。

主な修了生
H18 羽原 康恵 財団法人静岡県文化財団
H18 清水 絵理 清春白樺美術館学芸員
H19 ハーベス・リム・フォンデヴィリヤ 筑波大学助教
H20 具 香謨 韓国博物館協会
H21 浅野 五月 東京都歴史文化財団
H22 秋田 美緒 川口市立アートギャラリー・
アトリア学芸員
H22 市川 寛也 筑波大学助教
H23 李 依チェン 小山登美夫ギャラリー
H25 川村 晃子 スパイラル
株式会社ワコールアートセンター
H25 高橋 りほ 新潟市美術館学芸員
H26 ボージョー・レーカ 国際交流基金ブタペスト日本文化センター
H27 阿部 美里 一宮市三岸節子記念美術館学芸員

(H19までは、旧5年一貫制博士課程の修了生)

© Copyright - Art and Design, University of Tsukuba