【展覧会報告】H26年度 筑波大学芸術専門学群卒業制作展-前期

H26年度 筑波大学芸術専門学群卒業制作展-前期 が開催されました。
4年間の集大成として制作した卒業制作作品は、毎年茨城県つくば美術館にて展示しております。
本年度は、版画専攻から4名の卒業生が展示致しました。多数のご来場とご高覧を頂きありがとうございました。

DSC_0400
○会場風景
DSC_0412   DSC_0395
○寺崎成美さんの作品                    ○市川絢菜さんの作品
DSC_0409   DSC_0406
○安酸利倫さんの作品                    ○梶田青花さんの作品

卒業制作作品ページ

【授業報告】「和紙と版画-保存修復家の視線から-」が行われました。

筑波大学芸術専門学群・特別カリキュラム版画を卒業され、現在紙本保存修復家として活躍されている坂本雅美先生の特別講演会が行われました。
先生は現在宇都宮美術館で開催中の『月映‐191~1915‐』においても御尽力されています。今回はその展覧会の内容にも触れながら、今年度世界文化遺産としても登録された“和紙”について、その種類や特性、版画との関わりからお話しして頂きました。ご清聴下さった皆様、ありがとうございました。

○講義の様子
DSC_0304

【展覧会報告】『田島直樹 銅版画展 -版の記憶- 』が開催されました

本学芸術系・田島直樹准教授の個展、『田島直樹 銅版画展 -版の記憶- 』がOギャラリー(銀座)にて開催されました。会期中多数のご来場を頂き、ありがとうございました。

○展覧会の様子
DSC_0293

DSC_0288    DSC_0291
※クリックで拡大

OギャラリーHP(作家紹介)

【受賞報告】 『第39回 全国大学版画展』 小野修平さんが受賞!

『第39回 全国大学版画展』におきまして、小野修平さん(博士課程後期2年)出品作『風が吹いたら』が、【町田市立国際版画美術館収蔵賞】を受賞いたしました!
本展覧会は、全国の各大学から選抜された版画を学ぶ学生の作品(約270点)が一堂に展示される展覧会です。
【町田市立国際版画美術館収蔵賞】は、それらの展示された作品の中から投票によって与えられ、当美術館に出品作が収蔵・保存されます。

風が吹いたら
『風が吹いたら』 銅版画 60cm×120cm                              ※クリックで拡大

【第39回 全国大学版画展】
会期:2013年12月6日(土)~12月21日(日) ※月曜日休館
開館時間:[平日]     10:00~17:00(入場は16:30まで)
      [土・日]     10:00~17:30(入場は17:00まで)
会場:町田市立国際版画美術館 HP

DSC_0276
○筑波大学展示スペースの風景(左から・寺崎成美さん・市川絢菜さん・安酸利倫さん・河内大樹さん・小野修平さん)

【展覧会報告】 『MC展30th』

『MC展 第30回筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻 洋画 日本画 版画 作品展』が開催されました。
今年度は、版画専攻から1年次の河内大樹さんが出品致しました。ご高覧下さりありがとうございました。
R0017057
○展示風景

IMG_0305    IMG_0307
○講評会の様子