第93回国展に出品しています

六本木国立新美術館にて第93回国展が開催されています。本学からは彫刻部に、大原央聡教授、鹿山卓耶(博士後期課程1年)が出品しています。

【会期】:2019年5月1日(水/祝)~5月13日(月) ※5月7日(火) 休館
午前10時~午後6時(金曜日は午後8時まで・入場は閉館の30分前まで)
最終日午後2時閉会(但し、入場は閉会の1時間前まで)
入場料:1,000円(学生以下は無料) ※5月6日(月/祝)は入場料無料
http://www.kokuten.com/

 

大原央聡教授(会員)

≪小さく手を前に出す人≫

 

鹿山卓耶(準会員)

≪現れ出るもの―捻―≫

※同展示のチャリティーイベントにも出品

平成30年度筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻修了制作展

2019年2月19日(火)~3月3日(日)にかけてつくば美術館にて『平成30年度筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻修了制作展』が開催されます。2月24日(日)までは前期展で、彫塑領域から博士前期課程2年の、中田ちひろ、伊藤奏太、安原大史、藤井茜が作品を出品しています。

 

中田ちひろ

《祈りについて》

 

伊藤奏太

《野風に戦ぐ》

 

安原大史

《在り立つ⦆

 

藤井茜

《逃亡》

 

会場風景

【会場】

つくば美術館 〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2-8

【開館時間】
9:30 – 17:00  月曜は休館   24日は15:00閉館(入場は14:30まで)

【アクセス】
•つくばエクスプレス
「つくば駅」下車A2出口より徒歩5分
•JR常磐線
ひたち野うしく駅東口/荒川沖駅東口/土浦駅西口よりバス「筑波大中央」行き、または「つくばセンター」行き乗車「つくばセンター」下車 徒歩5分

※できるだけ公共の交通機関をご利用ください。お車でご来館の際は、指定駐車場「南2」をご利用ください。


AY2018 University of Tsukuba Graduate School of Comprehensive Human Sciences Master’s Program in Art and Design Degree Show

The “AY2018 University of Tsukuba Graduate School of Comprehensive Human Sciences Master’s Program in Art and Design Degree Show” will be held at the Tsukuba Museum of Art, Ibaraki, from Tuesday, February 19 to Sunday, March 3. The Master’s Program Degree Show until Sunday, February 24 will feature the works of second-year Carving and Modeling master’s students Chihiro Nakata, Sota Ito, Takeshi Yasuhara and Akane Fujii

The venue

 

Venue

Tsukuba Museum of Art, Ibaraki       2-8 Azuma, Tsukuba-shi, Ibaraki       305-0031

Opening Hours
9:30 a.m.–5:00 p.m.   Closed Mondays        Closing at 3:00 p.m. on February 24 (entry until 2:30 p.m.)

 

【展覧会】『蝋型ブロンズ彫刻展』の開催のお知らせ

彫塑教員である中村義孝教授は「日伊の交流を通した蝋型ブロンズ彫刻の新しい表現の研究」と題してイタリア式蝋型鋳型鋳造について3年前から研究を行なっております。今年度は本研究の最終年度にあたり、研究成果の発表に伴い「蝋型ブロンズ彫刻展」を筑波大学内にて開催致します。

本展覧会は3つの会場に分かれ、それぞれにテーマを掲げ出品作家を選出しております。

なお、11月18日(日)には関連企画として蝋型ブロンズ鋳造に関する講演会の開催を予定しております。講師として田中修二先生(大分大学 教授)と外舘和子先生(多摩美術大学 教授)にお越しいただく予定となっております。

【展覧会概要】

「蝋型ブロンズ彫刻展-現代日本蝋型ブロンズ彫刻の現況-」
会場:総合交流会館
会期:平成30年11月6日(火)〜11月24日(土)10:00〜17:00(日曜休館、最終日14時まで)
出品作家:天野裕夫、北沢努、黒川弘毅、島田勝吾、白石英二、武末裕子、中野滋、中村義孝、保田井智之、松岡圭介、
松尾大介、松本隆、松本雄治、三木俊治、宮崎甲

「蝋型ブロンズ彫刻展 -日伊ブロンズ彫刻家交流展 in Japan-」
会場:大学会館アートスペース
会期:平成30年11月6日(火)〜12月22日(土)10:00〜17:00(日曜休館、最終日14時まで)
出品作家:(イタリア出品作家)秋山信茂、ヴァレンティーノ・モラデイ・ガッブリエッリ、ヴェッツィオ・パオレッティ、
サラ・デル・ジュディチェ、長谷京治、ノベッロ・フィノッティ(日本出品作家)川島史也、木村公則、白石英二、武末裕子、
中村義孝、松尾大介、宮崎甲、山崎猛

「蝋型ブロンズ彫刻展-日伊の交流を通した蝋型ブロンズ彫刻の新しい表現の研究発表-」(1F)
「蝋型ブロンズ彫刻展-筑波大学におけるブロンズ彫刻表現の取り組み 1985〜2018-」(2F)
会場:芸術系ギャラリー
会期:平成30年11月6日(火)〜12月22日(土)10:00〜17:00(土日・祝日休館、最終日14時まで)
出品作家:(1F)武末裕子、中村義孝、松尾大介、宮崎甲(2F)岩井基生、金子鎌士、木村公則、塩野太朗、清水紀子、
白石英二、中根絢女、中村義孝、羽室陽森、林佐和子、松本淳志、宮坂慎司、宮崎甲

『日伊の交流を通した蝋型ブロンズ彫刻の新しい表現の研究』関連企画
蝋型ブロンズ鋳造に関する講演会の開催
日時:11月18日(日)14:30 〜
場所:筑波大学体芸棟 5C216
講師:田中修二 大分大学 教授「イメージの中のイタリアと彫刻のリアリティ」
外舘和子 多摩美術大学 教授「日本における戦後イタリア具象彫刻の受容と彫刻家自身による鋳造への関わりの意義」
*11月18日(日)11時30分から13時45分の間はスポーツデー駅伝競技ため校内に自動車が入れません

主催:蝋型ブロンズ彫刻展実行委員会
後援:ヴェナンツォ・クロチェッティ財団

本研究はJSPS科研費15H03173の助成を受けたものです


ExhibitionInformation on the “Lost-wax Bronze Sculpture Exhibition”

Professor Yoshitaka Nakamura, who is part of the Carving and Modeling faculty, has been working on a study for three years on Italian lost-wax casting entitled “Research on new representations of lost-wax bronze sculptures through Japanese-Italian interaction.”As this year marks Professor Nakamura’s final year of work on this study, the “Lost-wax Bronze Sculpture Exhibition”will be held at the University of Tsukuba to showcase his research achievements.

This exhibition will be held across three venues, each with a different theme and selected artists whose works will be displayed.

Moreover, a lecture presentation on lost-wax bronze casting has been scheduled as a related event on Sunday, November 18. We plan to have Professor Shuji Tanaka (Oita University) and Professor Kazuko Todate (Tama Art University) join us as speakers at the event.

 

Exhibition Outline

“Lost-wax bronze sculpture exhibitionThe state of modern lost-wax bronze sculpture in Japan
Where: 30thAnniversary Hall
When: Tuesday, November 6–Saturday, November 24, 2018, 10:00 a.m.–5:00 p.m. (Closed Sundays, open until 2:00 p.m. on the final day)
Artists whose works will be on display:

 

Hiroo Amano, Tsutomu Kitazawa, Hirotake Kurokawa, Shogo Shimada, Eiji Shiraishi, Yuko Takesue,Shigeru Nakano, Yoshitaka Nakamura, Tomoyuki Hotai, Keisuke Matsuoka, Daisuke Matsuo, Takashi Matsumoto, Yuiji Matsumoto, Miki Toshiharu and Kou Miyazaki.

“Lost-wax bronze sculpture exhibitionJapanese-Italian bronze sculptor exchange exhibition in Japan
Where: University Hall, Art Space
When: Tuesday, November 6–Saturday, December 22, 10:00 a.m.–5:00 p.m. (Closed Sundays, open until 2:00 p.m. on the final day)
Artists whose works will be on display: (Italian artists) Nobushige Akiyama, Valentino Moradei Gabrielli, Vezio Paoletti, Sarah Del Giudice, Kyoji Nagatani, Novello Finotti(Japanese artists)Fumiya Kawashima, Masanori Kimura, Eiji Shiraishi, Yuko Takesue, Yoshitaka Nakamura, Daisuke Matsuo, Kou Miyazaki, Takeshi Yamazaki

“Lost-wax bronze sculpture exhibitionPresentation of the research findings on new representations of lost-wax bronze sculptures through Japanese-Italian interaction(Level 1)
“Lost-wax bronze sculpture exhibitionBronze sculpture representation initiatives at the University of Tsukuba(Level 2)
Venue: Art and Design Gallery
When: Tuesday, November 6–Saturday, December 22, 10:00 a.m.–5:00 p.m. (Closed weekends and national holidays, open until 2:00 p.m. on the final day)
Artists whose works will be on display: (1F)Yuko Takesue, Yoshitaka Nakamura, Daisuke Matsuo, Kou Miyazaki(2F)Motoki Iwai, Kenhi Kaneko, Masanori Kimura, Taro Shiono, Noriko Shimizu, Eiji Shiraishi, Ayako Nakane, Yoshitaka Nakamura, Youshin Hamuro, Sawako Hayashi, Atsushi Matsumoto,

Shinji Miyasaka, Kou Miyazaki

“Research on new representations of lost-wax bronze sculptures through Japanese-Italian interaction” Related Event
Lecture presentation on lost-wax bronze casting
Date and Time: Sunday, November 18 from 2:30 p.m.
Venue: University of Tsukuba, Art and Physical Education Area 5C216
Speakers: Professor Shuji Tanaka (Oita University)“Italy within an image and the reality of sculpture”
Professor Kazuko Todate (Tama Art University)“Adoption of post-war Italian representational sculpture in Japan and the significance of the sculptor’s relationship to casting”
*Sunday, November 18

Host: Lost-wax bronze sculpture exhibition planning committee
Supported by: The Venanzo Crocetti Foundation

 

This work was supported by JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research, Grant Number JP15H03173.

【受賞】川島史也(博士後期課程3年)が第71回二紀展にてI氏賞を受賞。

第71回二紀展(東京・国立新美術館)において川島史也(博士後期3年)が【I氏賞】を受賞しました。

【会期】平成29年10月18日(水)~30日(月)

《石の上、身の丈の上の景色》木・漆 h.190×w.45×d.40 cm

【受賞】第63回一陽展にて彫塑領域から3名が受賞。

東京国立新美術館にて開催されている第63回一陽展に、中村義孝教授、木村公則(博士後期1年)、羽室陽森(博士前期1年)が出品しています。
中村義孝教授がスカラベ賞、木村公則が奨励賞、羽室陽森が青麦賞を受賞しました。

〈会期〉
会期 : 2017年10月4日(水)~10月16日(月) 10:00~18:00(入場は17:30まで) ※最終日は15:00閉館 (入場は14:30まで)
会場 : 東京国立新美術館 (〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 )
入場料 : 一般 800円 ※団体10名以上は1人500円
大学生以下・障害者手帳をお持ちの方および付添者1名まで 無料

一陽会ホームページ:http://www2.ucatv.ne.jp/~itiyokai.snow/


中村義孝〈遠くを見る人〉【スカラベ賞】


木村公則〈無風〉【奨励賞】


中村義孝〈きらら〉


中村義孝〈力士〉


羽室陽森〈月を観る人〉【青麦賞】