日台三大学大学院生美術史研究交流会を開催しました

2014年日台三大学大学院生美術史研究交流会
12月6日(土) 09:30ー18:00
筑波大学芸術系棟 B203会議室

小春日和のうららかな週末、美術史研究にいそしむ台湾の二大学(国立台湾大学、国立中央大学)と本学の大学院生25名が、
英語による口頭発表とディスカッションをおこないました。

節目となる第五回の研究交流会のために来年、台北で再会することを約束し、知的な刺激に満ちた一日を終えました。

TriUni2014

日台三大学大学院生美術史研究交流会の開催について

今年で4回目を数える「日台三大学大学院生美術史研究交流会」を12月6日に開催します。
台湾の2大学(国立台湾大学、国立中央大学)と本学の各大学院で美術史研究に取り組む
院生26名が、英語による口頭発表をおこないます。どなたでも聴講参加できます。

「2014年日台三大学大学院生美術史研究交流会」
12月6日(土) 9時30分から18時まで
筑波大学芸術系棟 2階 B203会議室

1. Session: Ancient to Pre-Modern Art
2. Session: 17th and 18th Century Art
3. Session: Modern Art
4. Session: Modern & Contemporary Art

日台2014

美術史_学外演習がおこなわれました

穏やかな天候のもと、芸術学専攻・美術史コース(学群)および美術史領域(大学院博士前期課程)の
学外演習がおこなわれました。

 10/24 徳川美術館、愛知県美術館、「世界の山ちゃ☆」の手羽先(なごやめし演習1)
 10/25 博物館明治村、「矢場と☆」のみそかつ(なごやめし演習2)
 10/26 メナード美術館、名古屋ボストン美術館 ほか

愛知県美術館では学芸員のかたに1時間半にわたり収蔵庫をはじめとするバックヤードをていねいに説明
していただきました。ありがとうございました。

徳川園

徳川園

帝国ホテル前(明治村)

帝国ホテル前(明治村)

修士論文発表会が開催されました

平成26年2月21日(金)、大学会館特別会議室において、平成25年度大学院人間総合科学研究科博士
前期課程芸術専攻の美術史領域と芸術支援領域の合同による「修士論文発表会」が開催されました。

6人の修了見込み学生が、2年にわたる研究の成果を発表しました。いずれも修士論文として質の高い
ものでしたが、本格的な研究は緒に就いたばかりと言えます。博士後期課程に進学する人も、新しい
環境で日々の仕事に向きあうことになる人も、 2年間で身につけたであろうめいめいの領域の学問的
方法論と研究対象に対する謙虚な姿勢をたいせつにして、いっそう出精されることを祈ります。

——————————
◆美術史領域
・赤間和美
 「19世紀フランス装飾芸術をめぐる伝統と様式
  ―パリ万国博覧会(1900)における装飾芸術中央連合の展示館を中心に―」**
・喜代吉鏡子
 「1910年代から1920年代の日本における洋画研究所と美術家の交遊」
・高橋翔
 「《サモスのクーロス》―アルカイック期ギリシアにおける奉納彫像の巨大化」

◆芸術支援領域
・川村晃子
 「美術館におけるファッション―教育普及活動を中心に」
・髙橋りほ
 「アートプロジェクトにおけるNPO法人の役割に関する考察
  ―NPO法人向島学会を事例として―」
・中川三千代
 「日仏芸術社の研究―展覧会活動と出版活動を中心に―」*
——————————
** 筑波大学芸術賞(修了研究・論文の部)
*  筑波大学優秀論文賞

shuron