【美術史】筑波大学芸術学美術史学会 秋季研究発表会

筑波大学芸術学美術史学会の秋季研究発表会を開催しました。

2018年12月2日(日)13:00〜15:00
筑波大学芸術学系棟 B203会議室

研究発表
・忠あゆみ(福岡市美術館)
エピナール版画と創作版画運動
・星野睦子
「ライオンビヤホール」壁画再考
—建築家・図師嘉彦の未公開資料より—

お二方30分間ずつのご発表にくわえて、現役の院生と学群生、修了生、卒業生を交えて
活発な質疑応答がなされ、充実した晩秋の週末を過ごすことができました。