artwriter8top


日本語エッセイ 応募案内 Essays in Japanese: Application Guide


課題

アートについて自分の考えを2000字以内の日本語で書く

募集テーマ
◎ 制作体験 自分が作品をつくった体験をもとに書く
◎ 作品探究 アーティストがつくった作品について書く
◎ 芸術支援 アートと人々の交流について書く

募集開始 2019年7月1日(月)
応募締切 2019年10月9日(水)
結果発表 2020年1月ウェブ上にて


賞 〈賞状・記念品〉 
大賞3編/ 優秀賞17編/ 入選30編/ 学校賞

応募できる人
応募時に、高等学校ならびにそれに相当する公的教育機関に在籍する生徒(日本では主に15歳から18歳)。

エッセイの条件
2000字以内で、個人が日本語で執筆したもの。
題名を各自でつけてください。
小論文のように論題を設定して論理的に考察しても、体験報告や随想のように個人的な思いを中心に語っても、雑誌や新聞記事のように伝えることを主眼にしたものでも構いません。
「アート」の範囲は、美術やデザインを中心とした視覚芸術を想定していますが、執筆者が自由に判断してください。

[前回の優秀作品を見る(日本語)]



選考委員紹介



応募手順
[1]書式等をダウンロードします。
● 日本語エッセイ応募原稿テンプレート 
Template for Essays in Japanese(Word)

● 日本語エッセイ応募案内 
Application Guide for Essays in Japanese(PDF)

● 日本語エッセイ記入例 Sample format for Essays in Japanese(PDF)

[2] 「日本語エッセイ応募原稿テンプレート」にエッセイを執筆します。
応募原稿のファイル名を、応募者のローマ字にしてください。
(筑波太郎さんの例:tsukubataro.doc)
ファイル形式は、マイクロソフトワード(docまたはdocx)のみ受け付けます。

[3] このページの一番下にある「応募フォームを開く」をクリックして必要事項を入力し、「Upload a file」ボタンで応募原稿ファイルを指定し、「送信」ボタンを押してください。
送信完了画面になり、送信完了を知らせるメールが届きます。

ディスク応募
日本国内の学校からまとめて応募する場合は、CD-R等のディスク提出(下記住所あて、締切日必着)またはオンラインストレージ(「お問い合わせ先」にご相談ください)でも受け付けます。
・書式をダウンロードし、下記の3種類のファイルをディスクに保存してください。
 (1) 全員分の応募原稿(Word)
 (2) 全員分の応募票(準備中)
 (3) 応募原稿一覧(Excel)

・ディスク表面には学校名を記載してください。

・別紙に、都道府県名、学校名、ご担当の先生のご氏名、連絡先メールアドレス、応募作品数 を記載してください。

ディスク応募のあて先
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学芸術専門学群 高校生アートライター大賞係  TEL 029-853-2821

オンラインストレージ(dropboxなど)を利用したい場合は、締切日一週間前までに下記にご連絡ください。
naoe@geijutsu.tsukuba.ac.jp




原稿作成上の注意
題名等
原稿の最初に、著者名、国または地域、学校名、エッセイの題名を記入してください。

本文
必要に応じて、本文中に小見出しなどを用いても構いません。

*引用・参考資料
本やインターネット等から他の人の言葉や考えを引用する場合は「 」内に入れるとともに、その著者が誰であるか、文中ではっきりと分かるように書いてください。
引用した資料や参考にした資料の一覧を、文章の最後に例えば以下のように示してください。
  ・本の中の一つの章や記事の場合
   蒼井空雄「空」『蒼井空雄詩集』(アートライター出版、1997年、pp.5~6)
  ・本の中のあるページから引用する場合
   筑波太郎『アートライターになるには』(アートライティング社、2008年、p.22)
  ・インターネットの場合
   アート探検隊「探そう!○○町アートマップ」
  (www.geijutsu.tsukuba.ac.jp、2011年9月3日アクセス)
本などから図を引用(複製)した場合は、例えば以下のように最後に引用元を示してください。
  図2 『地球美術全集』第5巻(筑波出版社、2001年、p.45)
  図3 ○○市立美術館「○○市ゆかりの作家展」カタログ(2008年、p.11)
なお、文章末に入れるこれらの資料一覧は、本文の文字数には含めません。

図や写真
応募原稿の本文で扱う作品や情景等の画像をできる限り掲載してください。ただし、むやみにたくさんの画像を貼るよりも、本文に沿って必要なものを、見やすく効果的に配置することが大切です。
画像は原稿ファイルに直接ペースト(貼り付け)してください。 画像の「折り返し」設定等で、文字と画像が重ならない設定などを選択するとよいでしょう。
美術作品の写真を用いる場合には、作品の簡単な説明(作者名、題名、大きさ、素材、技法、制作年、所蔵場所など)を、本文中に括弧で示すか、画像の下にキャプション(説明)として入れてください。例えば「テキストボックス」を用いて文字を入力し、画像の下に配置してその画像と「グループ化」すると、レイアウトが乱れにくくなります。
複数の画像を掲載する場合は、キャプションに「図1」など連番をつけ、本文の対応する箇所にも括弧に入れて(図1)のように示すとわかりやすいでしょう。

*応募された文章をコンテストの主催者が公表する際には、画像の著作権の関係上、写真等を取り除いた形で発表することがあります。



個人情報
インターネットの応募フォームを通して送信された情報は、SSLにより暗号化され安全に保護されます。
ご提出いただきました個人情報は厳重に管理し、本コンテストに関する用途のみに使用します。
応募原稿の著作権は、筑波大学芸術専門学群に帰属します。
応募原稿を出版物やインターネット等で公開することがあります。
お送りいただいた原稿等は、返却いたしません。



Essays

Write a 2,000-Japanese-character essay about your view on art.

Essay Topic Themes
• Creative Experience: Write about your experience of creating art work.
• Work Research: Write about the work that a professional artist created.
• Artistic Support: Write about the interaction between art and people.

Opening Date for Applications: July 1, 2019 (Monday)
Application Deadline: October 9, 2019 (Wednesday)
Online Announcement of Results: January 2020

Awards:
Grand Prize – 3 entries / Award for Excellence – 17 entries / Winning Entries – 30 entries / School Prize

Applicants
Applicants must be high school students or students attending a public institution equivalent to an upper secondary school (in Japan, this is mostly students ranging from 15 to 18 years old) at the time of the application.

Rules
The individual must write the essay in Japanese.
It should not exceed 2,000 Japanese characters.
Please give each essay a title.
You may think and write logically about the topic like a short thesis.
You may talk about your personal feelings like a reminiscence.
You may report on your topic like a journalist would.
In terms of “art,” we assume that it will involve visual arts focusing on art and design. However, the writer can define art according to his or her own view.

[The Awarded Essays in the previous contest 2017 in Japanese]



Selection Committee



Procedures for Applying
[1] Download the forms.
● 日本語エッセイ応募原稿テンプレート
Template for Essays in Japanese(Word)

● 日本語エッセイ応募案内
Application Guide for Essays in Japanese(PDF)


[2] Write your essay using the Template for Essays in Japanese file.
Save the file for the essay using the applicant’s name in alphabet (for example, Mr. Tsukubataro’s essay would be “tsukubataro.doc”).
We will only accept documents submitted in .doc or .docx Microsoft Word formats.

[3] Click "Go to the Application Form" at the bottom of this page and fill in the necessary items on the form.
The “submission complete” page will be shown.
You will receive an e-mail notifying you that the submission has been completed.

Sending files by disks or online storages If a school in Japan would like to apply many essays at once, they can send by CD-R or by online storage.
Please refer to the guide in Japanese.



Things to Keep in Mind When Writing the Essay

Title and Other Information
Write the applicant’s name, country or region, school name, and title of the essay at the top of your essay.

Main Text You may use sub-headers throughout the main text.

Quotes and References

Please refer to the “引用と文献一覧” in the guide in Japanese.
The list of reference materials is not included in the word count.

Pictures and Photographs
Show as many of the images and art works you refer to in the essay as possible.
However, rather than pasting lots of images at once in the essay, try to effectively place necessary images throughout the essay in a way that ensures things can easily be seen.
Directly paste the images within the essay file, and use the “text wrap” setting within Word so that the images and text do not end up on top of each other.
If any artistic works are used in the essay, provide a brief explanation of the work in parentheses (author’s name, title of work, size, materials used, technique used, year produced, place housing the work, etc.) in the body of the essay, or provide a caption (explanation) below the image.
For example, put text in a textbox and place it below the image.
Then, use the grouping function in Word to group the text and image together.
This makes the layout easier to maintain.
If more than one images are placed within the essay, add a number to the caption for the picture in the chronological order that it appears, such as “図1. “

Note that if the contest hosts decide to publicly display a submitted essay, the work may be presented with images removed for copyright reasons.

Personal Information
Information submitted through the online application form will be SSL encrypted and safely stored.
Any personal information submitted will be strictly managed and controlled and will only be used for this contest.
The University of Tsukuba’s School of Art and Design will hold the copyright of all submitted essays.
The University of Tsukuba may publicize essays as published material or over the internet.
We will not return any submitted essays.




応募フォームは7月1日より開くことができます The Application Form will be aveilable on July 1.
応募フォームを開く Go to the Application Form


HOME トップページへ戻る