HOME >

博士前期課程洋画領域

博士前期課程芸術専攻 洋画領域 概要

 洋画領域は、本学の学群または他大学で受けた専門教育の上に更に専門性の高い研究を重ね、将来社会における指導的役割を果たし得る洋画家、洋画に係わる諸専門家の育成を目標としています。教育内容については、感性を深め、高い創造性を持った表現力を養い、洋画家として、その表現の確立に至る配慮をして専門科目を設けています。
 「洋画技法論特講」においては、技法の本質について洋画、版画の技法分野から考察していきます。これによって専門家としての表現と技法にアプローチする糸口を与えていきます。「西洋美術技法演習」においては上記「洋画技法論特講」に基づいた技法の演習を行います。「洋画制作 A 、 B 、 C 、 D 」では創作活動の基本を裸婦モデルや静物などのモチーフを用いた制作を通して体得していきます。ここでは学生の主体的創作意欲を重視しつつ、その創作が単なる情報の総合となって、結果的に模倣に陥るという危険を避けるためモデルやモチーフを置いています。「洋画特別制作 A 、 B 、 C 、 D 」は、画家として自己の表現を確立するため、画家である教員の客観的視点から指導を受けながら学生の主体的創作活動を深める科目です。「洋画制作A、B、C、D」並びに「洋画特別制作A、B、C、D」の受講者は、授業の一環として開催される「MC展」に作品を出品し研究成果を発表します。また、洋画の一分野として版画の専門教育を行っており、「平版演習」「版画制作 A 、 B 」「版画特別制作」などの授業を開設しています。その他集中授業による「野外風景実習」を長野県や千葉県内で行っています。
 洋画分野修了者は修了後もよく創作研究を続け、発表活動も活発です。画家、大学教師、高校教師、公務員、絵画と係わりのある一般企業等で活躍しており、海外で創作活動を続ける者もいます。

修了研究

 作品の制作および研究報告書の執筆に取り組みます。その成果が修了後の作家活動の礎になります。また、博士後期課程への進学希望者にとっては、修了研究は進学後の研究課題を模索し選択するための考察と実践であると言えます。
⇒各年度の修了研究(H21年度)一覧
⇒各年度の修了研究(H22年度)一覧
⇒各年度の修了研究(H23年度)一覧
⇒各年度の修了研究(H24年度)一覧

MC展

 MC展は、筑波大学大学院在籍の学生による洋画、日本画、版画の作品展です。開設授業科目「洋画制作」「洋画特別制作」「日本画制作」「日本画特別制作」「版画制作」「版画特別制作」における学習と研究の成果として作品を発表し、対外的な評価を得ることを目的としています。また、参加者は展覧会開催のための広報・展示・運営に主体的に取り組み、将来表現活動を展開していくための作品発表の方法について学びます。なお、関係教員全員による作品講評会を会場で実施し指導内容・方法を公開しています。

⇒各年度のMC展洋画領域作品一覧



ページの上部に戻る