HOME >

第4回DC展

2009年07月10日(金)

第4回DC展はこの芸術学分野の洋画、日本画、彫塑、書の18人の学生による作品展です。昨年にひきつづき今回が第4回となる本展覧会は日頃の研究成果を学外に発表し、より多くの方々に見ていただくために企画されました。
会場:茨城県つくば美術館 入場無料
会期:2007年12月26日(水)~2008年1月6日(日) ※2007年12月29日~2008年1月1日は休館
時間:9:30~17:00(最終日は16:00まで)
DC展作品目録

出展者 作品タイトル 作品素材 作品サイズ
遠藤悦史 dimensional composition 油絵具、テンペラ、綿布、パネル 193.8×162.1cm
dimensional composition 油絵具、テンペラ、綿布、パネル 162.1×162.1cm
dimensional composition 油絵具、テンペラ、綿布、パネル 114.5×162.1cm
加藤隆之 流れる時と手探りの記憶 油絵具、テンペラ、綿布、パネル 162.0×364.0cm
崔丞希 Playmates 油絵具、キャンヴァス、パネル 194.0×162.0cm
めまい 油絵具、綿布、パネル 162.0×162.0cm
探し物 油絵具、綿布、パネル 162.0×162.0cm
狩野宏明 にもかかわらず生きること 油絵具、綿布、パネル 162.0×200.0cm
恐る恐る 音色 奏で 響け 油絵具、綿布、パネル 162.0×200.0cm
彼が世界の螺子を巻く 油絵具、綿布、パネル 150.0×150.0cm
舩岳紘行 彼の飛びかた 油絵具、テンペラ、綿布、パネル 162.0×162.0cm
彼はどこだって行ける 油絵具、テンペラ、綿布、パネル 194.0×324.0cm
星美加 海の記憶 アクリル、油絵具、綿布、パネル 194.0×162.0cm
回帰Ⅱ アクリル、油絵具、綿布、パネル 162.0×162.0cm
空に続く階段 アクリル、油絵具、綿布、パネル 162.0×162.0cm
荻島香織 干支物語―子― アクリル、砂、キャンバス 162.0×130.0cm
干支物語―巳― アクリル、キャンバス 162.0×130.0cm
干支物語―卯― アクリル、銀箔、キャンバス 162.0×130.0cm
重村幹夫 変容Ⅰ 油絵具、テンペラ、綿布、パネル 162.0×195.0cm
変容Ⅱ 油絵具、テンペラ、綿布、パネル 162.0×195.0cm
変容Ⅲ 油絵具、テンペラ、綿布、パネル 162.0×162.0cm

エントランスにおける COE アンケート調査のための出品作品

出展者 作品タイトル 作品素材 作品サイズ
狩野宏明 polyphony 油絵具、綿布、パネル 91.0×72.7cm
加藤隆之 流転 油彩、テンペラ、箔、シナベニヤ 91.0×72.7cm
株田昌彦 浮遊船 油彩、パオパオ、パネル 72.7×91.0cm
山本斉 To catch the light 油彩、キャンバス、パネル 91.0×72.7cm

※筑波大学大学院人間総合科学研究科「感性表現研究」グループでは、21世紀COEプログラムの一環として「美術作品の鑑賞構造に関する国際比較アンケート調査」を実施しています。


ページの上部に戻る