HOME >

平成21年度修了生の修了研究

2011年04月01日(金)

平成21年度修了生の修了研究
 

安部 ゆかり(あべ ゆかり)

□研究題目
「絵画制作における構想と展開について―自身の制作を通して― 」作品及び研究報告書

□作品
「風景」
油彩・鉛筆・インク・水性絵具・コラージュ・綿布・パネル
227.3 × 334.8 cm
  m21_abe
     
     
     
上田 修平 (うえだ しゅうへい)
 
□研究題目
「描写の再現的な役割と装飾的な役割についての考察 」作品及び研究報告書
 
□作品
「 Still Life 4 」(左)
油彩・白亜・膠下地、綿布・パネル 162.0 × 112.0 cm
「 Still Life 5 」(右)
油彩・白亜・エマルジョン下地、綿布・パネル  162.0 × 97.0 cm
  m21_ueda-1
     
     
     
加藤 寛史 (かとう ひろふみ)
 
□研究題目
「箔を用いた絵画表現について 」作品及び研究報告書
 
□作品
「造りたるは迦陵頻伽 私の為に鳴いておくれ」 
混合技法・箔、パネル・綿布・石膏地  194.0 × 266.6cm
  m21_katou
     
     
     
金谷 沙緒理(かなたに さおり)
 
□研究題目
「絵画の構図についての研究 」作品及び研究報告書
 
□作品
「夜」  
油彩、綿布・パネル  162.0cm × 324.3cm
  m21_kanatani
     
     
     
小坂 悠太 (こさか ゆうた)
 
□研究題目
「平面作品における筋肉の表現について 」作品及び研究報告書
 
□作品
「皮膚と骨の間~男~」(左) 
パネル・ジェッソ、アクリル 182.0 × 91.0㎝
「皮膚と骨の間~女~」(右)
パネル・ジェッソ、アクリル 182.0 × 91.0 ㎝
  m21_kosaka
     
     
     
篠塚 江里 (しのつか えり)
 
□研究題目
「現在の日本における新しい世代の美術の動向-若者を取り囲む現代社会と娯楽- 」作品及び研究報告書
 
□作品
「 BEAT . L 」(左) 
アクリル絵具、油性ペン、鉛筆、パネルに紙 130.3 × 162.0cm
「 BEAT . R 」(右)
アクリル絵具、油性ペン、鉛筆、パネルに紙 130.3 × 162.0cm
  m21_sinotuka-1
     
     
     
高橋 はずき (たかはし はずき)
 
□研究題目
「人体表現におけるマチエール 」作品及び研究報告書
 
□作品
「気になる存在」(左)
パネル・綿布、エマルジョン下地、油彩 194.0cm × 130.3cm
「やっかいな存在」(右) 
パネル・綿布、エマルジョン下地、油彩 194.0cm × 130.3cm
  m21_takahasi-1
     
     
     
柳澤 真希子 (やなぎさわ まきこ)
 
□研究題目
「絵画表現における再現性と平面性の混在についての考察 」作品及び研究報告書
 
□作品
「Worlds 」 
油彩、綿布・パネル 227.3 × 363.6cm
  m21_yanagisawa
     
     
     
山本 希実 (やまもと のぞみ)
 
□研究題目
「平面作品の中の余白について 」作品及び研究報告書
 
□作品
「シーン」 
パネル・紙・ミクストメディア  各 182 × 91cm
  m21_yamamoto-1
     
     
     
趙 靖路 (ちょう せいろ)
 
□研究題目
「 絵画における表現と技法について -19世紀末絵画を中心に-」作品及び研究報告書
 
□作品
「不安3・4」
  m21_tyou
     
     
     
Zelenak Sandor
 
□研究題目
「日本の寺院のウッドペインティングとトランシルバニアのチャペルのウッドペインティングの技術的背景について 」
作品及び研究報告書
 
□作品
「スザンナと長老たち」
油彩、ミクスメディア、キャンバス、木 166.0 × 347.5 cm
  zelenak
     
     
     



ページの上部に戻る