HOME >

「Home Sweet Home」村山明里紗 2017年1月4日~1月6日

2017年01月03日(火)

「Home Sweet Home」が開催されます。
会場:アートギャラリーT+
会期:2017年1月4日(水)~1月6日(金)
出展者:村山明里紗(版画3年)

スクリーンプリントによる
自作のコットンプリントの一枚布を、
自らの縁の地である2つのまちのなかにそっと広げる。
景色に焦点が生まれる。

ささやかな活動記録写真展。


T+review

 全体的に落ち着いた色合いで素朴な感じの作品が並べられており、心落ち着くような空間であったように思います。「Home Sweet Home」というと「ああ、我が家だ」とか「愛しき我が家」みたいな意味になるかと思いますが、そういった語感と同じような感覚で制作をしたのでしょうか。
台の上に置かれた置物のような作品は、不気味さとかわいさが混じった不思議な感じがします。引き伸ばされた目や下まつげが印象的ですが、個人的には丸くちょこんと描かれた口が好きです。こういう口の表現はどことなくあどけない感じがします。
壁に掛けられたスクリーンプリントの作品に刷られている模様は、パンのように見えるものや、コーヒー豆のように見えるものもあり、視覚的にとても面白いものでした。抽象的な表現は人によって見え方が違ってくることがよくあります。「何に見えるかは見る人の自由ですよ」と意図的に多義性を持たせている作品もあるでしょう。もちろん多義性のない特定の物を描こうとするときもありますが、そのような表現でも見る人にとっては作者の意図とは違うものに見えてしまうこともあるかもしれません。そういう事例は単に作者の技術力が足りないだけかもしれませんが……。(市川太也)



ページの上部に戻る