HOME >

構成専攻

紹介

 構成専攻は、あらゆる造形表現に共通する形態・色彩・材料などの造形要素と表現の可能性を追求するとともに、さまざまな応用表現を実技と理論を通して多角的に学習する専門分野である。この専攻は総合造形・クラフト・構成・ビジュアルデザイン等を主とする領域から成り、新時代のデザインや造形芸術の基盤となりうる、幅広い視野と経験、芸術的教養と造形的感性を備えた社会人の育成を目指す。

構成専攻主要専門科目

  • 1年
  • ○総合造形概論
    ○クラフト概論
    ○構成概論
    ○ビジュアルデザイン概論
    ○構成基礎演習A・B
    ○構成オムニバス講座

  • 2年
  • ○総合造形基礎実習
    ○木材造形論
    ○クラフト基礎実習Ⅰ・Ⅱ
    ○造形原論
    ○陶磁基礎演習
    ○基礎造形演習
    ○色彩学
    ○コンピューターアートI・II
    ○印刷デザイン表現論
    ○ビジュアルデザイン演習A・B
    ○ビジュアルデザインシンキング

  • 3年
  • ○現代美術論
    ○総合造形表現演習
    ○硝子実習A-1・A-2, B-1・B-2
    ○陶磁実習A-1・A-2, B-1・B-2
    ○木工実習Ⅰ・Ⅱ
    ○ロクロ技法演習
    ○平面構成演習
    ○立体構成演習
    ○色彩構成演習
    ○画像論
    ○ブックワーク演習
    ○ナラティブイラストレーション演習
    ○広告・エディトリアルデザイン演習
    ○学外演習
    ○構成特別演習
    ○パッケージデザイン・ブランド構築演習
    ○創造的復興:ローカルデザイン演習 I・II
    ○創造的復興:チャレンジ学外演習I・II
    ○サイエンスビジュアリゼーション
    ○ハイブリッドアート演習

  • 4年
  • ○展示造形・パフォーマンス
    ○木工演習
    ○陶芸演習
    ○ガラス演習
    ○卒業研究
    ○創造的復興:課題発見解決特別演習
    ○創造的復興:チャレンジ学外特別演習

教育内容の特色

 1・2年次は構成の各領域の基礎的で幅広い科目を相互に関連づけながら学び、3年次は学生個々の関心と能力に合わせた専門の進路指導と,専門科目のカリキュラムにより、各科目を有機的なつながりを持たせながら学習する。また卒業研究に向けてテーマの絞込みと方向付けを行う。さらに実社会との関わりを深めさす意図から学外演習等が設けられている。4年次は論文と制作の卒業研究を行う。

卒業生の進路

 卒業後はこれまで各種デザイナー、プランナー、イラストレーター、造形作家、映像作家、各種教員、美術館学芸員、研究員、公務員など幅広い領域の社会のニーズに対応したデザイン・芸術の専門家として活躍している。

 また大学院に関しては、修士課程として人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻デザイン学領域群の総合造形・クラフト・構成・ビジュアルデザインはもとより、それ以外の各デザイン領域、あるいは世界遺産専攻へも進学が可能である。さらに博士課程としては同研究科博士後期課程芸術専攻デザイン学領域、および他大学も含めた大学院へ進学し、高度な専門家、教育者、研究者の道に進めるように柔軟に対応している。

展示会風景

展示会風景

授業風景

授業風景

展示会風景

展示会風景

展示会風景

展示会風景

学生作品

学生作品

授業風景

授業風景



ページの上部に戻る