HOME >

美術史コース

紹介

 芸術学専攻美術史コースは、造形芸術(美術)の本質を歴史的連関において究明する分野である。本コースでは、「芸術とは何か ?」の基本的課題をはじめ造形芸術に関するさまざまの問題を体系的および歴史的に探究する教育と研究が行われており、芸術理論家・美術史家の育成を目指している。本美術史コースの特色は、実際の造形制作の分野に隣接した理論分野である点にある。これは、大学における芸術研究の場を実際の造形活動に接するところに置くことによって、芸術理論をより具体的、体験的に学習できるよう配慮しているからである。また他面では、総合大学に属する芸術の理論分野であるので、人文諸科学との関連の中で芸術の本質を体系的に探究することができる。

 本コースはまた、芸術の理論分野における研究者養成の博士課程、人間総合科学研究科へ進学するための基礎課程の役割をそなえている。美術史コースの志望者に求められるのは、まず何よりも芸術(特に美術)に対する深い興味と理解であることは言うまでもないが、それと同時に基礎学力(国語、外国語、歴史)の充足も切に望まれる。

 1・2年次には、他の専攻と同様に、造形芸術全般にわたる概論と演習・実習(基礎)とにより基礎的な知識と能力を修得するが、「美術史学方法論」などの専攻科目も段階的に履修するように教育課程が編成されている。 3年次以降は芸術学、日本美術史および西洋美術史の特講・演習により知識と方法の学習を深め、また学外演習によって美術館・博物館・古寺などの実地について学習する。卒業に向けては、自らが設定した研究課題により「卒業論文」の提出が課せられる(卒業制作は課さない )。この間に、関連する他専攻、他学群・学類の講義・演習・実習を履修して学習を広めるよう配慮している。

主な授業科目
美術史特講/美術史演習/芸術学特講/学外演習

関連情報

研究史

研究史

筑波大学ギャラリー

筑波大学ギャラリー

美術館での学外演習

美術館での学外演習

ゼミナール

ゼミナール



ページの上部に戻る