芸術支援コース

人間の感性を豊かにし、社会に潤いを与える芸術の力を支えるための環境形成、支援・応用にとりくむ「芸術による社会貢献者」の育成を目指して、平成15年度より設置された領域である。芸術教育の研究を基礎に、芸術支援活動の理論と方法を専門に学ぶ。

学群の共通科目等により美術・デザインの基礎を広く身に付けるとともに、1年次の「芸術支援学概論」、2・3年次の「芸術支援学」、美術の社会的活動を実地に学ぶ学外演習等の専門科目を履修した上で、各自の研究テーマによる卒業論文に取り組む。

主な授業科目

1学年: 方法論の学習と制作実習

・芸術支援学概論
・美術史概説
・造形基礎演習 など

23学年: 芸術支援学専門科目を中心に専門の力を蓄える

・芸術支援学IA ー美術展の企画運営
・芸術支援学IB ー芸術表現と支援ツール
・芸術支援学IC ー芸術学習のサポートとケア
・芸術支援学IIA ー美術館事業の企画運営
・芸術支援学IIB ー芸術鑑賞と支援ツール
・芸術支援学IIC ークリエイティブ・アート・ライティング
・芸術支援学演習
・学外演習(芸術支援学)

4学年: 各自の研究テーマをもち、卒業論文を執筆

・芸術支援学研究
・卒業研究

指導教員

石﨑 和宏

教授 芸術教育学

直江 俊雄

教授 芸術教育学

大久保 範子

助教 芸術支援

箕輪 佳奈恵

特任助教 芸術教育学

© Copyright - Art and Design, University of Tsukuba