HOME >

デザイン専攻

紹介

 デザイン専攻では、人間の生活、環境、コミュニケーションに関わるあらゆるモノ(人工物)やそのシステム等を対象として、多様な知識や技術、方法論を修得しつつ、価値あるデザインの創造を実践的に学ぶ。人間、社会、自然と、人間が創り出すモノとが高度に調和する質の高い生活・社会の実現を目指して、情報、プロダクト、環境、建築の4デザイン領域にわたる幅広い視野と教養、柔軟な思考力と感性、そして豊かな経験を備えた人材の養成を行うことを目標としている。

教育内容の特色

 学群の1・2年次では、芸術全般およびデザイン各領域に共通した専門基礎科目と、幅広い学際領域の科目を相互に関連付けながら学ぶ。3年次では、専門性の高い科目を関心と能力に合わせて有機的なつながりを持たせながらフレキシブルに履修を行うとともに卒業研究に向けてテーマの絞り込みと方向付けを行う。また、学外演習や外部企業で学ぶ学外実習(インターンシップ)により社会性のある教育を行っている。4年次は論文と制作から成る卒業研究を行い、高度な研究への道筋を学ぶ。そして、博士前期課程では、さらに深くデザインの研究、履修、経験を積み、博士後期課程ではデザインの本質的かつ先端的な領域について研究を深める。

デザイン専攻主要専門科目

  • 1年
  • ○情報・プロダクトデザイン概論
    ○環境デザイン概論
    ○建築デザイン概論
    ○デザイン基礎演習1・2
    ○デザイン技法演習1・2
    ○写真実習

  • 2年
  • ○デザイン演習1・2・3・4・5・6
    ○人間工学
    ○感性デザイン学
    ○CAD演習
    ○プログラミング演習
    ○インフォメーション・グラフィックス演習
    ○ダイナミック・インタラクションデザイン演習
    ○建築史
    ○近・現代建築論

  • 3年
  • ○情報メディア論
    ○生産デザイン論1・2
    ○製品デザイン解析論
    ○デザインイノベーション論
    ○ランドスケープデザイン論
    ○都市デザイン論
    ○住宅地計画論
    ○建築設計論
    ○建築環境計画論
    ○建築設備計画論
    ○建築計画論A・B
    ○建築構法論
    ○建築構法論演習
    ○情報・プロダクトデザイン演習1・2・3
    ○環境・建築デザイン演習1・2・3
    ○学外演習(デザイン)
    ○学外実習(デザイン)

  • 4年
  • ○情報・プロダクトデザイン演習4
    ○環境・建築デザイン演習4
    ○デザイン特別演習1・2
    ○卒業研究

展示会風景

展示会風景

筑波山

筑波山

学生作品

学生作品

授業風景

授業風景

展示会風景

展示会風景

展示会風景

展示会風景



ページの上部に戻る