HOME >

書コース

紹介

 書コースは、全国の芸術系大学・学部の中で唯一といってよい書の専門教育の組織であり、書家や書の研究者として将来自立できる人材の養成を目的としている。カリキュラムは、専門的な知識を身につける講義科目と、実技の力量を高める実習科目に大別され、講義科目には「書概論」「日本書道史」「中国書法史」「書鑑賞論」「書学方法論」などがあり、実習科目には「書実習基礎」「書実習漢字制作」「書実習仮名制作」などがある。歴代の名筆を直接制作の糧とする書の特質上、実技においても理論的な知識の習得は不可欠であり、逆に、実技を通して培った鑑賞力は、理論的な研究の進展に寄与する。こうした理論と実技の相乗効果を重視し、卒業研究では、制作と論文の双方を要件としている。これは美術専攻において書コースだけの大きな特徴である。また、本学群が総合大学に位置する特性を生かし、関連する他学群開講科目の受講も積極的に行われている。

関連情報

学生作品

学生作品

高野切復元展
高野切復元展

高野切復元展

双峰祭書展

双峰祭書展

授業風景

授業風景

学外演習

学外演習



ページの上部に戻る