HOME >

芸術専門学群

概要

 筑波大学芸術専門学群は、国立の総合大学の中に設置された芸術の専門教育機関です。最先端の多様な学問を学ぶことができる大学環境と、1学年100名の少人数に4専攻15領域の多彩な芸術の専門教育を提供できる利点を生かして、幅広い見識と豊かな創造力をそなえた芸術の専門家を育成しています。これまでに芸術家・デザイナー・研究者などの芸術分野で指導的役割を担う優れた卒業生が社会で多数活躍しています。

主な歴史

  • 明治32年(1899)
    高等師範学校(のち東京高等師範学校)に手工専攻科開設。中学・高等学校の教員や全国の師範学校の指導者を養成し日本の芸術教育の発展を担う。
  • 昭和24年(1949)
    東京教育大学教育学部芸術学科開設。戦後の教育制度改革に伴い、東京高等師範学校や東京文理科大学等が改編されて発足。
  • 昭和50年(1975)
    筑波大学芸術専門学群開設。東京教育大学の移転・筑波大学開学に伴い、独立した芸術専門の学群が誕生。 その後、日本画、版画、芸術支援、クラフト、情報デザインなどの新領域を開設するなど、時代に対応した教育環境の発展に取り組み、現在に至っています。

教育課程

 学生は卒業に必要な要件と各自の関心や目的に基づいて、自分で履修する科目を決定する。
1・2年生
幅広く基礎的能力を身につけるとともに、所属専攻決定のために各自の関心や適性を見極める。
【主な履修科目】

  • 大学共通の科目(総合科目、外国語、情報、体育、フレッシュマンセミナーほか)
  • 他学群開設で各自の興味ある科目(自由科目)
  • 芸術専門学群共通科目(美学・芸術学概論、美術史概説、造形論、造形基礎演習ほか)
3年生
専攻を決定し、所属する各専攻領域の専門科目を中心に履修して専門的能力を深める。専門科目については、各専攻領域の紹介ページを参照。
4年生
各自の研究テーマを設定して卒業研究を行う。毎年2月には、つくば美術館にて卒業制作展が開催される。優秀な学生には「筑波大学芸術賞」が授与される。
学位
教育課程を修了し卒業が認定されると、学士(芸術学)の学位が授与される。
資格
所定の科目の単位を履修し、実習を修了すると以下の資格を取得することができる。
  • 学校教員免許状(中学校一種美術、高等学校一種美術・工芸・書道)
  • 博物館学芸員資格

主な施設

体育・芸術中央棟 (5C棟)
その位置と形状から通称「南大門」とも呼ばれる、筑波大学で最も初期に建てられた特色ある建築。芸術専門学群の多くの授業が行われる。ミケランジェロの巨大な「ダビデ」像などがある大石膏室は名所の一つである。
芸術専門学群棟 (6A・6B棟)
3・4年生や大学院生が研究をするための実習室などがある施設。学生のための自主運営ギャラリーT+もここにある。
工房棟 (6C棟)
写真スタジオ、版画実習室、印刷実習室、彫塑実習室、ガラス・陶芸・木工の工房などの専門的な設備のそろった施設。
芸術学系棟
教員や大学院生の研究室、筑波大学所蔵作品収蔵室などがある施設。
体芸図書館
中央図書館とは別に、体育と芸術の専門資料を収めた図書館。豊富な美術書や展覧会カタログ、専門雑誌、研究データベースなどの資料がそろっている。



専攻・コース・領域



ページの上部に戻る