HOME >

芸術専門学群

概要

 筑波大学芸術専門学群は、国立の総合大学の中に設置された芸術の専門教育機関です。最先端の多様な学問を学ぶことができる大学環境と、1学年100名の少人数に4専攻15領域の多彩な芸術の専門教育を提供できる利点を生かして、幅広い見識と豊かな創造力をそなえた芸術の専門家を育成しています。これまでに芸術家・デザイナー・研究者などの芸術分野で指導的役割を担う優れた卒業生が社会で多数活躍しています。

主な歴史

  • 明治32年(1899)
    高等師範学校(のち東京高等師範学校)に手工専攻科開設。中学・高等学校の教員や全国の師範学校の指導者を養成し日本の芸術教育の発展を担う。
  • 昭和24年(1949)
    東京教育大学教育学部芸術学科開設。戦後の教育制度改革に伴い、東京高等師範学校や東京文理科大学等が改編されて発足。
  • 昭和50年(1975)
    筑波大学芸術専門学群開設。東京教育大学の移転・筑波大学開学に伴い、独立した芸術専門の学群が誕生。 その後、日本画、版画、芸術支援、クラフト、情報デザインなどの新領域を開設するなど、時代に対応した教育環境の発展に取り組み、現在に至っています。

教育目標

 芸術専門学群では、総合大学のおける芸術教育の場としての特色を生かし、広い視野と確かな基礎学力を持ち、かつ柔軟な発想力と表現のための高度な技術力を備えた、創造的活力に満ちた美術及びデザインの専門家育成を目標としています。ものづくりの伝統に対する理解を深め、個性の際立つクリーターを育てます。また、専門的理論と実践を踏まえ、時代と社会のニーズに的確に応えうる人材を育てます。

専攻について

 美術史および芸術支援からなる芸術学専攻、洋画・日本画・彫塑・書の四コース、および特別カリキュラム版画からなる美術専攻、総合造形、クラフト、構成、ビジュアルデザインなどの専門領域を含む構成専攻、情報、プロダクト、環境、建築などのデザイン専門領域を含むデザイン専攻の合わせて4専攻を置いています。このように多くの領域を包括しているメリットを生かし、各専攻分野に特色をもたせながら、相互の関連をはかるよう考慮しています。



専攻・コース・領域



ページの上部に戻る