HOME >

博士前期課程書領域

概要

博士前期課程では、高度専門職業人の養成を主な目的とします。学群教育を踏まえ、理論科目と実技科目を並行的に履修し、双方において専門的な知識・技能を習得します。修了研究は、論文と制作の双方が要件となります。社会人の受け入れも、特別枠を設け積極的に行っています。


ページの上部に戻る