HOME >

芸術専門学群書コース

概要

書コースの授業科目は、「書実習基礎」や「漢字制作」「仮名制作」などの実技科目のほか、「書概論」「書鑑賞論」「書学方法論」など、理論の科目も充実しています。歴代の名筆を直接制作の糧とする書の特質上、実技においても理論的な知識の習得は不可欠です。逆に、実技を通して培った鑑賞力によって、理論的な研究が進展することも少なくありません。こうした理論と実技の相乗効果を重視し、卒業研究では、制作と論文の双方を要件としています。これは美術専攻において書コースだけの大きな特徴です。

充実した専門学群の授業

書コースでの学習を深化させるうえで、学群開設の他専攻・他コースの授業が果たす役割は極めて重要です。例えば、書コースは美術専攻に置かれますが、そこに位置する洋画・日本画・彫塑・版画の各コース・カリキュラムは、ともに心象表現の仲間として、書表現の可能性に大きなヒントを与えてくれます。また、芸術学専攻の授業では、理論的研究の基本的な考え方や方法について、構成専攻では、造形的な原理について、デザイン専攻では、適応表現としての可能性について、それぞれ書を直接対象とはしないものの、書芸術の理解を多面的にサポートしてくれます。これらは、学群共通科目、専攻共通科目から履修できます。

視野を広げる関連科目

 更に、他の学群・学類で、柔軟に関連科目を履修できるのも、総合大学である本学ならではの特徴です。書を芸術としてのみならず、東洋独自の伝統文化として広く捉える場合、そこに密接に関わる思想や文学、歴史などの知識は欠かすことができません。書コースでは、特に日本文学、中国文学、日本史、東洋史などの科目を選択の専門科目に位置づけ、書を広い視野から理解する一助としています。もちろんこれだけではなく、本学では人文、社会、自然ほか、様々な学域の科目が開設されていますので、指導教員との相談のもと、自身の学習テーマに応じた関連科目を履修することが可能です。


ページの上部に戻る