HOME >

research

UTAC 筑波大学アート・コレクション特別展示

2018年12月15日(土)

筑波大学には芸術系が所蔵管理下におく600点を超えるアート・コレクションがあります。その一部は大学会館内の筑波大学ギャラリーや芸術学系棟、体芸図書館(http://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/research/info/939)など学内にある展示施設等に展示されています。

昨年秋に常陽銀行研究学園都市支店(つくば市吾妻1-14-2)で学外初の常設サテライト展示が始まりましたが(http://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/research/info/801)、このたび同じくつくばセンター地区にある筑波銀行本部(つくば市竹園1-7)内のギャラリーにも常設的な特別展示の場を提供していただくことになり、コレクションの核をなす「石井コレクション」の中国陶磁を展示しました。

「UTAC 筑波大学アート・コレクション University of Tsukuba Art Collection」は、大学における美術やデザインの教育研究の成果であるとともに、それに資する学術的リソースであり、また芸術教育研究組織をはじめとする大学自体のプレゼンスを高めるためのショーケースの役割も負っています。


筑波銀行ギャラリーでの特別展示

[芸術社会貢献推進室・寺門臨太郎]


名誉教授・篠田守男先生の作品を体芸図書館で展示

2018年12月10日(月)

芸術社会貢献推進室ではこれまで体芸図書館2階のカウンター前に「石井コレクション」の陶磁を展示してまいりましたが、このたび「UTAC 筑波大学アート・コレクション University of Tsukuba Art Collection」のサテライト展示として、本学名誉教授、篠田守男先生の作品《TC6106》をご覧いただくことにいたしました。

  筑波大学附属図書館Facebook
  https://www.facebook.com/tsukubauniv.lib/posts/1141021786073425

1966年に高村光太郎賞を受賞するとともにヴェネツィア・ビエンナーレに出品し、アーティストとしての地歩を固めた篠田先生は、1979年から94年まで、芸術専門学群および大学院修士課程芸術研究科で総合造形分野の教授として教壇に立たれました。現役のアーティストとしてのキャリアに加えて、その教育実績によりISC国際彫刻センターの優秀彫刻教育者賞をアジア人として初めて受賞されました。

本学所蔵の作品《TC6106》は、アメリカの思想家にしてデザイナー、建築家のバックミンスター・フラーの構造理論に影響を受けた篠田先生が、1950年代以降ライフワークとした、鋼鉄線の張力と圧力で金属の塊を中空に固定させる立体作品シリーズ「TC(Tension and Compression)」の1点です。

(web掲載画像では、篠田先生が描いたドローイングのある木箱に作品が載っていますが、その木箱は展示されません)

[芸術社会貢献推進室・寺門臨太郎]


体芸図書館ラウンジ ユーリカ のインスタレーションが一新されました

2018年06月07日(木)

体芸図書館のラウンジユーリカでのインスタレーションが6月5日に一新されました(10月31日まで)。
今回は、芸術専門学群の構成専攻・構成領域の4年生、笠原萌さんによるマスキングテープ・アートです。

 https://twitter.com/tsukubauniv_lib/status/1004284362471268352

芸術系および芸術専門学群、大学院人間総合科学研究科芸術専攻は、これからも附属図書館をはじめとする学内各所においてアートとデザイン諸分野による教育・研究成果のショーケースとしての研究・社会貢献活動を活性化させていきます!

◎体芸図書館での大学アート・コレクションの展示 http://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/research/info/888

【芸術系社会貢献推進室】


本学所蔵 石井コレクション作品をめぐる公開研究会が開催されました

2018年06月04日(月)

2018年6月3日(日)午後2時から東京キャンパス文京校舎において、本学所蔵アート・コレクションの核をなす「石井コレクション」のうち、池田龍雄の淡彩素描《むれ》をめぐる公開研究会を開催しました。予定時間を超過して、実りある議論が展開されました。この研究会の成果は、『石井コレクション研究』の第6冊として年内に刊行される予定です。

筑波大学所蔵石井コレクション公開研究会

日時 2018年6月3日(日)午後2時~4時 (開場:午後1時半)

場所 筑波大学東京キャンパス文京校舎1階 134講義室
   〒112-0012文京区大塚3-29-1(地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅「出口1」より徒歩5分)

主催 筑波大学芸術系

協力 練馬区立美術館、明治美術学会、筑波大学芸術学美術史学会

趣旨 
筑波大学所蔵・石井コレクションに係る研究活動の一環として、練馬区立美術館で展示される同コレクション中の池田龍雄作品をテーマとして、専門家による研究発表ならびに意見交換を行う公開研究会を開催する。

次第

開会あいさつ
五十殿利治(筑波大学)

「戦後美術の現在形 池田龍雄展-楕円幻想」紹介 
喜夛孝臣(練馬区立美術館)

研究発表(14:20~15:40)
佐藤玲子(川崎市岡本太郎美術館) 
「芸術と社会 池田龍雄と岡本太郎の絵画から」

春原史寛(群馬大学)
「池田龍雄《むれ》(「禽獣記」シリーズ)と1950年代の社会と美術をめぐって」

討議 (15:40~)
喜夛孝臣、佐藤玲子、春原史寛、五十殿利治(司会)

http://geijutsu.tsukuba.ac.jp/ishii/archives/5784

【芸術系社会貢献推進室+石井コレクション管理WG】


CONNECT展 アーティスト・トークを開催しました

2018年05月27日(日)

つくば市二の宮のスタジオSで6月1日まで開催の「CONNECT展 IV」(http://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/research/info/881)への出品者による展示解説イベント「アーティスト・トーク」が、5月27日(日)におこなわれました。先の3月に芸術専門学群を卒業した大西未沙子さん(構成専攻・構成領域)、古屋花子さん(美術専攻・洋画コース)、同じく大学院の人間総合科学研究科 博士前期課程 芸術専攻を修了した瀧本泰士さん(日本画領域)、古谷美也子さん(美術史領域)の4人が、自身の作品や論文について一方的に語るだけでなく、来場者とのインタラクティブなやりとりをかわすことによって、めいめいの制作と研究の動機づけやプロセスなどについての理解を深めることができました。

【芸術系社会貢献推進室】


ページの上部に戻る