HOME >

熊本地震で被災した熊本県御船町の美術品の保全活動について ~御船町長より芸術系長に対して感謝状が贈呈されました~

2018年02月23日(金)

((左)藤木御船町長,(中央)松井芸術系教授,(右)山中芸術系長)

平成28年4月14日に発生した熊本地震により,熊本県御船町の故田中憲一作品群(被災熊本県御船町所蔵(被災時は個人蔵))が被災した状況の中,御船町からの要請により,本学芸術系の保存科学研究室(代表:芸術系松井敏也教授)の教員や学生が中心となって,絵画修復専門家の指導も受けながら被災美術品の支援活動を行ってきました。

このたび,本格的な絵画修復が必要な数点を除き,修復が終了し御船町に返却されることとなったことから,平成30年2月19日(月),これらの支援活動に対して,御船町長から芸術系長に感謝状が贈呈されました。

記事の続きは、筑波大学のサイトにて掲載

https://www.tsukuba.ac.jp/news/n201802221533.html


ページの上部に戻る