HOME >

カリキュラム(大学院)

教育

高い創造性に基づいた自己表現力を養い、日本画家として個性を確立できるよう配慮して専門科目を開設しています。 つくば美術館での展示は年毎に成果が上がり、意欲的な作品発表の場として注目されています。集中授業では「日本画野外風景実習」などによって、創作実験研究を試みています。

博士前期課程芸術専攻 日本画領域

1年生

専門的な技術を基礎に、人物制作他、さまざまのモチーフに取り組み、新しい表現のの可能性を追求します。また、絵絹を支持体とした古典模写を行います。

  • 日本画制作A、B、C、D
  • 日本美術技法演習
  • 日本画野外風景実習 他
calm1


2年生

各自の制作テーマを設定し、自己表現の習熟を図ります。 修了制作では研究の集大成として大作に取り組みます。

  • 日本画特別制作A、B、C、D
  • 日本画領域特別研究 他
calm2


博士後期課程芸術専攻 芸術学領域

3,4,5年生

日本画による表現の多様性をふまえて、技法と材料の必然性 を考え、各自に設定したテーマを一層深め、理論的発展を図 ります。

  • 芸術学特別演習Ⅰ、Ⅱ 他



ページの上部に戻る