HOME >

カリキュラム(学群)

芸術専門学群

 「特別カリキュラム版画」は版画の基礎知識と技術を実際の制作を通して修得し、豊かな感性と高い創造性を伴った表現力で、専門家として将来社会において多岐に渡って貢献できる人材の育成を目的とした教育を行ってます。版画には大きく分けて凸版、凹版、平版、孔版といった4つの版種が存在します。代表的なものとして、木版画、銅版画、リトグラフ、スクリーンプリントが挙げられます。現代の版画はこれに留まらず、写真やCGをはじめそのカテゴリーの範囲を拡大し続けています。

 本カリキュラムではこうした現代版画の流れを見据えつつ、4版種を中心とした制作が可能な教育と設備を備えています。独自の表現手段として版画を選択し、作品を制作する為にはこれらの技法、設備の使用法の修得が不可欠です。1・2年では洋画、日本画と密接に関りあいながら素描をはじめとする基礎科目、3・4年では実技を通して深く版画について学べる専門科目が設定されています。さらに大学院修士課程において高度な研修ができるようになっています。

芸術専門学群 開講授業

  • 版画概論
  • 版画基礎実習
  • 版画実習A
  • 版画実習B
  • 版画演習A
  • 版画演習B
  • 版画演習C
  • リトグラフ演習 (集中講義・隔年開講)
  • 卒業研究

芸術専門学群 開講授業内容

版画概論

 版画を理解する上で重要な技法についての概説。木版画、銅版画、リトグラフ、スクリーンプリントといった4版種を中心に、その発生、原理、制作手順、及びその作品例などをスライド等を用いて概説する。

版画基礎実習

 版画表現の基礎的な技法を習得させると同時に、中等美術教育の「版画」に関わる教材 研究ともなり得ることを期す。版画技法は木版画、銅版画、シルクスクリーン、コラグラフ(紙版画)を1年間通して 実習する。

版画基礎実習1

版画基礎実習3

版画基礎実習2

版画基礎実習4


版画実習A

 1学期から2学期半ばまでを前期、2学期半ばから3学期末までを後期とし、前期は多版多色摺り木版画の実習を行う。主版による色分けではなく色の摺り重ね により絵を創るためメカニズムの理解が必要になる。後期はリトグラフ/スクリーンプリントの制作を行う。

版画実習A1

版画実習A2

版画実習A3


版画実習B

 様々な銅版画の技法を学ぶことにより、技法の習得のみならず、技法によってイメージを触発され、新しい 表現へと向かわしめることを期す。3学期は各自技法を選び、テーマを設定して自主制作する。

版画実習B1

版画実習B2

版画実習B3


版画演習A

 直接技法であるドライポイントによる多版多色刷り、およびメゾチントの制作を行う。ドライポイントでは、ニードルや他の道具を用い、調子の差異や抑揚を考慮しつつ版を重ねることで、刷り重ねの効果の面白さをねらう。 
メゾチントはルーレットによる版の目立てから刷りまでを段階的に実習する。

版画演習A1

版画演習A2


版画演習B

 各自の作品制作に関して、技法・テーマ・サイズ・数量・について教官と検討の上計画書 を提出。これに沿って制作研究を行い、報告書を作成する。特に卒業年度に相当する学生が受講するべき授業であるため、卒業研究を視野に入れた 研究指導という意味合いを含んでいる。

版画演習C

 制作に関して、技法・テーマ・サイズ・数量・について教官と検討の上計画書 を提出。これに沿って制作研究を行い、報告書を作成する。4年間の集大成である卒業研究、卒業制作作品に向けて具体的な指導を行う。

リトグラフ演習 (集中講義・隔年開講)

 リトグラフ演習では、学外から講師を招き、リトグラフの原理の 理解や基本的な技術の習得に重きを置き、集中的に実習する。

リトグラフ演習1

リトグラフ演習3

リトグラフ演習2


卒業研究

 4年間の集大成として、各自研究テーマを決定し、卒業論文を執筆し、卒業制作を行う。作品は卒業制作展へ出品する。


ページの上部に戻る