HOME >

投稿規定

平成29年11月6日改訂

  1. 投稿資格は、以下の1)から6)に該当する者に与えられるものとする。
    1. 筑波大学 芸術専門学群芸術学専攻美術史コース(旧芸術学専攻、旧芸術学専攻芸術学コースおよび旧芸術学専攻芸術学・美術史コース)の卒業者。
    2. 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 博士前期ならびに後期課程芸術専攻の在学生および修了者。
    3. 筑波大学大学院 旧博士課程(5年一貫制)芸術学研究科修了者および修士号取得者。
    4. 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 旧博士課程(5年一貫制)芸術学専攻修了者および修士号取得者。
    5. 筑波大学芸術系美術史担当教員。
    6. 上記1)から5)に該当しない場合は、大学院博士後期課程美術史領域で研究指導を担当する専任教員の紹介状(書式任意)を添えること。
  2. 投稿原稿は、すべて未発表のものに限る。
  3. 「論文」の本文および註記は、原則として合わせて18000字以内。図版および表は、合わせて15点以内とする。
  4. 「研究ノート」「書評」「展評」の本文および註記は、原則として合わせて12000字以内とする。図版および表は、合わせて10点以内とする。
  5. 執筆にあたっては「藝叢執筆要領」に従う。原稿は、複写を含めて4部提出する。
  6. 採択された論文はすべて筑波大学学術機関リポジトリに登録し、インターネットにより公衆に閲覧可能とする。印刷発行された論文をPDF形式でアップロードするが、挿図とした図版については著作権に配慮しリポジトリ上では公開しない。執筆者が作成した図表等についてはこの限りではなく、執筆者の希望により公開することもできる。
  7. 投稿原稿は、「藝叢原稿在中」と朱書した封筒で、以下の住所宛てに送付する。
    〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1
    筑波大学芸術系 美術史研究室
  8. 投稿締切は10月31日。

ページの上部に戻る