artwriter6top

● HOME

● 応募方法

● 優秀作品

● 選考委員

● お問い合わせ

● LINKS


高校生アートライター大賞は、アートについて自分の言葉で考え、伝える力を育む、エッセイのコンテストです。
アートとあなたとのかかわりを、2000字の文章にして送ってください。

募集部門
◎ 制作体験 自分が作品をつくった体験をもとに書く
◎ 作品探究 アーティストがつくった作品について書く
◎ 芸術支援 アートと人々の交流について書く

応募できる人 高等学校ならびにそれに相当する公的教育機関に在籍する生徒。


[大賞3編]  賞状ならびに、コピックチャオ24色セット、リキテックス6号伝統色24色セット、ターナーアクリルガッシュ20ml 36色セット、ジャパネスク20ml 24色(A)セット、ほか

[優秀賞] 賞状ならびに、コピックチャオ12色セット、リキテックス6号伝統色12色セット、ターナーアクリルガッシュ20ml 12色セット、ジャパネスク20ml 12色セット、ほか

[入選] 賞状ならびに、ターナーアクリルガッシュ11ml 12色セット、ほか

[学校賞] 賞状ならびに記念品

応募締切 2015年10月14日(水) 
結果発表 2016年2月、ウェブ上にて
表彰式  2016年3月5日(土)13:00 筑波大学大学会館(予定)

主催 筑波大学芸術専門学群
共催 毎日新聞社
後援 文部科学省 
   全国高等学校美術工芸教育研究会
協賛 株式会社ベネッセコーポレーション
協力 COPIC ターナー色彩株式会社 トゥールズ筑波大学売店 フィルムアート社 リキテックス
企画 筑波大学芸術支援研究室

問い合わせ先
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学芸術専門学群 高校生アートライター大賞係
Tel & Fax 029-853-2821(直江研究室)  
awa[at]geijutsu.tsukuba.ac.jp ([at]を@に変えて入力してください。)


最新ニュース

〇 第6回高校生アートライター大賞優秀作品集をインターネット上に公開しました。2016.5.5.

「過去の優秀作品集」のページからダウンロードできます(PDFファイル 4MB)。

〇 筑波大学生が選ぶ筑波大学学生賞が、表彰式の席上で発表されました。2016.3.5.
学生選考委員代表より選考理由とともに紹介され、賞状と学生の選んだ記念品が贈られました。

第6回高校生アートライター大賞 筑波大学学生賞選考結果
2編(著者名五十音順)

東京都立総合芸術高等学校 2年 福田 百花 「命とアート」

北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 2年 宮川 こころ 「はだかの心で世界をみる」

 

〇 大賞、優秀賞、学校賞を決定しました。2016年2月7日 五十音順 応募総数823編

【大賞3編】

都道府県 学校名 氏名 題名
岡山県 明誠学院高等学校 髙木 優 米芾が微笑むとき
東京都 東京都立工芸高等学校 中村 陽道 流れる、という思い
静岡県 浜松学芸高等学校 松尾 華子 地中からの美


【優秀賞17編】

都道府県 学校名 氏名 題名
愛知県 愛知県立岩倉総合高等学校 伊木 さなえ 〈存在〉するアート
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 大里 真瑛子 色を創造する
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 大田原 知美 女神のアクセサリー
神奈川県 神奈川県立弥栄高等学校 岡西 夏季 「光」のはなし
佐賀県 佐賀県立佐賀北高等学校 久保 美萌理 アートが繋げるもの
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 小林 大樹 ものづくりは人を幸せにする
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 清水 里織 芸術の力
東京都 学習院女子高等科 杉浦 沙季子 Shellphone――命の想いを繋ぐ――
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校 白鞘 南海 プラスデザイン
東京都 芝高等学校 鈴木 大樹 “僕”を描く ~『自画像、光と影』 ヘレン・シャルフベック~
熊本県 熊本県立御船高等学校 高永 悠乃 自分と向き合う
東京都 東京都立総合芸術高等学校 福田 百花 命とアート
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 西尾 綾香 美術と日常
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 宮川 こころ はだかの心で世界をみる
大阪府 大阪府立港南造形高等学校 福山 葵 金属とは
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校 山中 真名 粘土のクツを創る
熊本県 熊本県立第二高等学校 渡邉 菜 音のない世界に絵を

 

【入選30編】

都道府県 学校名 氏名 題名
群馬県 共愛学園高等学校 石井 かめりや スズランテープに教わる
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校 石濱 里佳 クレーの線
静岡県 加藤学園暁秀高等学校 太田 明理紗 「檸檬」は色彩と言葉のアート
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校 小澤 諒一 水泳界の美
東京都 東京都立工芸高等学校 小野坂 葉子 素晴らしきシンメトリー
静岡県 浜松学芸高等学校 片岡 月 美しさの可能性
静岡県 浜松学芸高等学校 片桐 旭日 時代の象徴
熊本県 熊本県立第二高等学校 河内 千嘉 アクアリウム越しに見た
東京都 東京都立工芸高等学校 菊池 菜々子 「唐揚げ」と「アート」
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 楠 朋 童心
福井県 福井県立鯖江高等学校 久野 鈴奈 何も考えずに作ること
熊本県 熊本県立第二高等学校 嶋田 凪紗 視野を広げた三分半
大阪府 大阪府立港南造形高等学校 島田 鈴 演じる礼儀、観る礼儀
埼玉県 埼玉県立大宮光陵高等学校 末次 楓 鉛筆と過ごした半年間
北海道 立命館慶祥中学校高等学校 菅澤 由佳子 保存手段としての絵画
沖縄県 沖縄尚学高等学校 鈴木 かれん 命を吹き込む、もう一度
東京都 東京都立工芸高等学校 晴城 友里加 感覚情報、さまざまな感覚。
東京都 東京朝鮮中高級学校 チャン ミョンヒ 私たちの存在意義とは
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 冨田 真之介 食という美術鑑賞
北海道 立命館慶祥中学校高等学校 西岡 聖奈 シャガールの魅力
東京都 私立女子美術大学附属高等学校 廣瀬 由子 等伯の松
埼玉県 埼玉県立大宮光陵高等学校 淵田 紗葵 代弁者
長野県 長野県立諏訪清陵高等学校 巻渕 優也 「楽描き」と太古の人々
~「無」を「有」へ~
福岡県 福岡県立大宰府高等学校 松元 梨紗 腐りかけた林檎
熊本県 熊本県立第二高等学校 丸山 純桜 「あなた」と美術館
熊本県 熊本県立御船高等学校 宮村 海斗 素材と作品
神奈川県 神奈川県立弥栄高等学校 三好 みはる
東京都 筑波大学附属駒場高等学校 森 有哉 現代アートと美しさ
静岡県 静岡県立清水南高等学校 山田 笑歌 私がキャンバス
熊本県 熊本県立第二高等学校 渡邊 眞珠美 ことば



【学校賞8校】

都道府県 学校名
大阪府 大阪府立港南造形高等学校
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校
熊本県 熊本県立第二高等学校
熊本県 熊本県立御船高等学校
東京都 東京都立工芸高等学校
静岡県 浜松学芸高等学校
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校

                                                            


〇 大賞候補作品(優秀賞)20編を決定しました。この中から、大賞作品3編を決定します。 2016年1月23日 著者名五十音順

都道府県 学校名 氏名 題名
愛知県 愛知県立岩倉総合高等学校 伊木 さなえ 〈存在〉するアート
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 大里 真瑛子 色を創造する
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 大田原 知美 女神のアクセサリー
神奈川県 神奈川県立弥栄高等学校 岡西 夏季 「光」のはなし
佐賀県 佐賀県立佐賀北高等学校 久保 美萌理 アートが繋げるもの
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 小林 大樹 ものづくりは人を幸せにする
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 清水 里織 芸術の力
東京都 学習院女子高等科 杉浦 沙季子 Shellphone――命の想いを繋ぐ――
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校 白鞘 南海 プラスデザイン
東京都 芝高等学校 鈴木 大樹 “僕”を描く ~『自画像、光と影』 ヘレン・シャルフベック~
岡山県 明誠学院高等学校 髙木 優 米芾が微笑むとき
熊本県 熊本県立御船高等学校 高永 悠乃 自分と向き合う
東京都 東京都立工芸高等学校 中村 陽道 流れる、という思い
東京都 東京都立総合芸術高等学校 福田 百花 命とアート
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 西尾 綾香 美術と日常
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 宮川 こころ はだかの心で世界をみる
静岡県 浜松学芸高等学校 松尾 華子 地中からの美
大阪府 大阪府立港南造形高等学校 福山 葵 金属とは
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校 山中 真名 粘土のクツを創る
熊本県 熊本県立第二高等学校 渡邉 菜 音のない世界に絵を

 

〇 表彰式の日時等を決定しました。

  2016年3月5日(土)13:00 筑波大学大学会館

〇 入選候補作品の中から今後、優秀賞作品、大賞作品を決定していきます。決定次第、順次発表する予定です。

〇 入選候補50編を決定しました。

第6回高校生アートライター大賞入選作品(著者名五十音順) 応募総数823編 入選候補50編
 
2016年1月6日 筑波大学芸術専門学群 高校生アートライター大賞選考委員会

都道府県 学校名 氏名 題名
愛知県 愛知県立岩倉総合高等学校 伊木 さなえ 〈存在〉するアート
群馬県 共愛学園高等学校 石井 かめりや スズランテープに教わる
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校 石濱 里佳 クレーの線
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 大里 真瑛子 色を創造する
静岡県 加藤学園暁秀高等学校 太田 明理紗 「檸檬」は色彩と言葉のアート
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 大田原 知美 女神のアクセサリー
神奈川県 神奈川県立弥栄高等学校 岡西 夏季 「光」のはなし
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校 小澤 諒一 水泳界の美
東京都 東京都立工芸高等学校 小野坂 葉子 素晴らしきシンメトリー
静岡県 浜松学芸高等学校 片岡 月 美しさの可能性
静岡県 浜松学芸高等学校 片桐 旭日 時代の象徴
熊本県 熊本県立第二高等学校 河内 千嘉 アクアリウム越しに見た
東京都 東京都立工芸高等学校 菊池 菜々子 「唐揚げ」と「アート」
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 楠 朋 童心
佐賀県 佐賀県立佐賀北高等学校 久保 美萌理 アートが繋げるもの
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 小林 大樹 ものづくりは人を幸せにする
熊本県 熊本県立第二高等学校 嶋田 凪紗 視野を広げた三分半
大阪府 大阪府立港南造形高等学校 島田 鈴 演じる礼儀、観る礼儀
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 清水 里織 芸術の力
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校 白鞘 南海 プラスデザイン
埼玉県 埼玉県立大宮光陵高等学校 末次 楓 鉛筆と過ごした半年間
北海道 立命館慶祥中学校高等学校 菅澤 由佳子 保存手段としての絵画
東京都 学習院女子高等科 杉浦 沙季子 Shellphone――命の想いを繋ぐ――
沖縄県 沖縄尚学高等学校 鈴木 かれん 命を吹き込む、もう一度
東京都 芝高等学校 鈴木 大樹 “僕”を描く ~『自画像、光と影』 ヘレン・シャルフベック~
東京都 東京都立工芸高等学校 晴城 友里加 感覚情報、さまざまな感覚。
岡山県 明誠学院高等学校 髙木 優 米芾が微笑むとき
熊本県 熊本県立御船高等学校 高永 悠乃 自分と向き合う
東京都 東京朝鮮中高級学校 チャン ミョンヒ 私たちの存在意義とは
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 冨田 真之介 食という美術鑑賞
東京都 東京都立工芸高等学校 中村 陽道 流れる、という思い
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 西尾 綾香 美術と日常
北海道 立命館慶祥中学校高等学校 西岡 聖奈 シャガールの魅力
福井県 福井県立鯖江高等学校 久野 鈴奈 何も考えずに作ること
東京都 私立女子美術大学附属高等学校 廣瀬 由子 等伯の松
東京都 東京都立総合芸術高等学校 福田 百花 命とアート
大阪府 大阪府立港南造形高等学校 福山 葵 金属とは
埼玉県 埼玉県立大宮光陵高等学校 淵田 紗葵 代弁者
長野県 長野県立諏訪清陵高等学校 巻渕 優也 「楽描き」と太古の人々
~「無」を「有」へ~
静岡県 浜松学芸高等学校 松尾 華子 地中からの美
福岡県 福岡県立大宰府高等学校 松元 梨紗 腐りかけた林檎
熊本県 熊本県立第二高等学校 丸山 純桜 「あなた」と美術館
北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 宮川 こころ はだかの心で世界をみる
熊本県 熊本県立御船高等学校 宮村 海斗 素材と作品
神奈川県 神奈川県立弥栄高等学校 三好 みはる
東京都 筑波大学附属駒場高等学校 森 有哉 現代アートと美しさ
静岡県 静岡県立清水南高等学校 山田 笑歌 私がキャンバス
岐阜県 岐阜県立岐阜高等学校 山中 真名 粘土のクツを創る
熊本県 熊本県立第二高等学校 渡邉 菜 音のない世界に絵を
熊本県 熊本県立第二高等学校 渡邊 眞珠美 ことば


〇 フィルムアート社、amuとの共催で、高校生アートライター大賞に関するシンポジウムを開催します。

高校生アートライター大賞シンポジウム なぜ、今アートを書く時代なのか

日時:2015年7月24日(金)18:30 
場所:amu(東京・恵比寿)

第1部 18:30〜19:20
「アートライター大賞受賞者の声」
・桑原ふみ(第5回大賞受賞者 東京芸術大学2年)
・朴秀太(第5回大賞受賞者 立教大学2年)
・直江俊雄(筑波大学教授 学内選考委員) 
・司会=津田広志(フィルムアート社)

第2部 19:30〜20:30(21:00まで延長あり)
「なぜ、今アートを書く時代なのか」
・大迫弘和(教育者、詩人、都留文科大学特任教授。)
・津田広志
・司会=直江俊雄

詳細、参加お申し込み(無料)は、amuのサイトをご覧ください。2015.6.12.

〇 各賞の記念品の一部(予定)をウェブに掲載しました。 2015.5.12.

〇 第6回高校生アートライター大賞 公式ウェブサイトを開設しました。2015.4.1.